こんにちは!大津ですヽ(´∀`。)ノ

2016年「今年の漢字」は「金」に決まりましたね♪

思い返せば、今年の夏はリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックで獲得した金メダルに日本中が湧きました。

ちなみに「金」が選ばれたのは、シドニーオリンピックが行われた16年前と、ロンドンオリンピックが行われた4年前に続いて、これで3回目なのだとか…!

ちなみに私自身の「今年の漢字」は「新」です☆彡
新社会人として、新しい環境で、新しい仲間と、新しい学びの年を過ごしました♪

ぜひ、みなさんもこの一年を振り返ってみて、自分にとっての「今年の漢字」を考えてみてはいかがでしょうか?(〃▽〃)

魚を食べると頭がよくなる?!

さて、突然ですが、みなさんはこの歌を知っていますか?

「さかな さかな さかな~ さかな~を食べ~ると~ あたま あたま あたま~ あたま~が良く~なる~ さぁ~みんなで~さかな~を食べ~よう さかなはぼく~らを~待っている~♪」

shutterstock_396416335

はい、そうです!みなさんお馴染みの「おさかな天国」という曲の一部です。
この歌が流行ったことで、「魚を食べると頭がよくなる」というイメージが日本中に浸透しましたね(゚∀゚)!

その理由となるのは、青魚やまぐろの脂身などに豊富に含まれている「DHA(ドコサヘキサエン酸)」です。このDHAが脳神経の働きに大きな影響を与えることが、数多くの研究により明らかにされているんですよ♪

なかでも世界的に認められているのは、胎児や乳幼児にとってのDHAの重要性なのだとか…!詳しい文献を見つけましたので、紹介いたしますねヾ(oゝω・o)ノ))

脳の発達とDHA

そもそも『頭がよくなる』とは、神経の発達、あるいは神経のネットワークがよくなることなのです。

shutterstock_457135099

順天堂大学の清水教授によると、食べもので摂ったDHAは消化吸収されて血液の流れに乗り、脳に入ります。そして、神経細胞の細胞膜の主な成分となって膜の柔軟性を保ち、記憶や学習などの脳の働きを高めるそうなんです。

んーなるほど!でもちょっと難しいですね。

つまり、簡単にまとめると…
神経が発達するときには、細胞膜の材料となるDHAが必要なのです。

そういうことなら、DHAが豊富に含まれている魚を食べることによって、頭がよくなると言われているのも納得ですね!

妊娠中・授乳中にDHAを摂ると赤ちゃんの脳神経の発達を促進する?!

みなさん知っていましたか?赤ちゃんの脳神経の発達にも、DHAはとっても重要なんです!

shutterstock_522973660

妊娠中にDHAを摂ると、妊婦さんの血液中のDHAは胎盤を通って胎児に与えられます。また、出産後の授乳期には、お母さんが摂ったDHAは血液から母乳を通して、赤ちゃんに与えられますよ♪

そして、そのDHAが赤ちゃんに良い影響を与えるということで、清水教授がある研究を行いました。

妊娠中や授乳中のDHAの影響を調べるために、清水教授は30人の妊婦さんを、DHA・EPA を投与したチームと投与しないチームに分け、生まれた30人の赤ちゃんの発達の様子との関連を調べました。

そして、赤ちゃんが生後18カ月になったときの発達評価では、精神発達には両チームで差はありませんでしたが、運動発達と行動情緒発達では、DHAを投与したチームの方が高くなったのです…!(以下図)

photo_07

結果を見れば一目瞭然ですね♪このことから、特に妊娠中や授乳中のママさんには、赤ちゃんのためにもDHAの摂取を強くオススメしますヾ(´∀`*人*´∀`)ノ”

出典:ニッスイ マーケット&テクニカルサーチ 「頭のよい子ども」とDHA

http://www.nissui.co.jp/academy/market/23/05.html

最後に

近年、日本の食卓からは「魚離れ」が進んでいるといいます。

shutterstock_522613168

特に子どもや妊婦さん、授乳中のお母さんにとって、「魚離れ」は子どもの脳神経の発達に多大な影響を及ぼしてしまいますので、意識的にDHAを摂取することが一般的になる日もそう遠くはないのかもしれませんね (*´つω・。)

私も普段の食生活では、魚よりも肉を食べることが多いので、DHA不足をサプリメントで補ってみたり、外食では魚を選ぶことも心掛けてみたり…と日々試行錯誤しています!

みなさんはしっかりDHAを摂取できていますか?
ぜひ今晩は魚を食べて、明日からのエネルギーとDHAをチャージしてくださいね☆

そんな感じで今日もはぴサポ。
また来週~☆