こんにちは! 保育士のたまご、インターン生の伊藤です!

この前のミルクについてのコラムを「ふむふむ」と読みながら、母によく言われていた言葉を思い出しました。
これがその母のセリフ。

「あんたはいっちょんミルク飲まんけん大変やったとよ〜!」
(訳:あなたは全然ミルクを飲まないから大変だったのよ〜!)

そうなんです。
私、気に入る哺乳瓶の乳首(二プル)がなくてミルクを飲んでくれない赤ちゃんだったそうなんです。
だから、離乳食が始まってとっても楽になったんだとか。


ところで、母乳・ミルクから離乳食に挑戦していく前に、果汁やスープで離乳食準備が必要だと言われたことはありませんか?
私もそう思っていた張本人です。

「確かになんとなく必要そう…」

そう思ってしまいますが、実は!その育児の常識はもう古いものなんです!

粉ミルクの改良と新たな研究によって、離乳食準備期は不要であることが明確になってきたんだそう。
それを大学の授業で習って衝撃を受けた私は、授業後すぐに「離乳食準備期いらないんだってよ!!!」と母に連絡を入れました。笑

   

そもそも離乳食準備期って?

少し前まで必要だとされていた「離乳食準備期」。

この期間は離乳食に入る前の2〜4ヶ月頃に必要とされ、薄めた果汁やスープをスプーンで与えるよう勧められていました。2007年までの母子手帳には3〜4ヶ月の頃の問診欄に「薄めた果汁やスープを与えていますか?」という項目があります。


しかし2007年に「離乳の基本」という“乳幼児の栄養摂取に関する指針”が改定されたことによって、2008年からはその項目が消えたのです。

「ミルク以外の味に慣れるため」「スプーンで飲み込むための訓練」という理由から必要なものだと言われていましたが、その後の研究で「そもそも必要ではない」ということが分かってきたんだそう。
消えた理由、そして必要ではない理由はなんなのでしょう?

   

どうして離乳食の準備期間は必要ないの?

この「離乳食準備期」が要らないとされる最も大きな理由は、粉ミルクが格段に母乳に近くなったことにあります。離乳食準備が導入された頃は、ミルク育児が推進された時代でもあったそうです。

しかし一方で、ミルクは現在のように母乳に近くなかったんだとか。だから、栄養バランスを整えるために果汁やスープを摂ることが必要だったのです。
粉ミルクが母乳に極めて近い栄養成分になっている現在、ミルクであっても母乳であっても、「離乳食の準備は不要」と言えるんですね。
ではでは、もう少し細かく「どうして必要でないのか」を見てみましょう!

果汁やスープを飲ませる必要がないのはなぜ?

昔のミルクには、ビタミンCや鉄分が十分に含まれていなかったそうです。そのため離乳食開始の頃には、果汁やスープで補うことが必要とされました。
現在は、全く逆に「果汁は与えない方が良い」とされています。アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が出てしまう危険性があるそうなんです。


また、乳児期の早い段階から果汁のような甘いものを与えてしまうと、母乳やミルクを飲まなくなってしまう可能性もあるそう。これじゃあ、せっかく母乳やミルクに入っている必要な栄養が、十分に摂れなくなってしまいます。

「でも、離乳食に入る前にミルク以外の味に慣れさせたほうがいいのでは?」

そう思いますよね。
しかし実は…!

母乳の味って、ママの食べ物によって毎日変わるそうなんです!
すごくありませんか?!すごいですよね?!すごいんです!笑
果汁やスープで慣れさせる必要がないことにも納得できますね。

湯冷ましが必要ないのはなぜ?

以前の粉ミルクはたんぱく質やミネラル成分が多く、赤ちゃんの体で消化するためには水分の摂取が必要だったそう。そのため、湯冷まし(ぬるめのお湯)や薄めた麦茶が必要とされたのです。
現在のミルクのことを考えれば、湯冷ましも必要がなく母乳やミルクでいいんですね。

スプーンになれなくても良いのはなぜ?

赤ちゃんには、哺乳反射という反応が生まれながらに備わっています。口の周辺にものが触れると口を開き、口に何かを入れようとすると舌で押し出して、奥まで入ってきたものには吸う動きをするんです。

この反応は5〜6ヶ月頃からだんだんと消え、自然と口がスプーンを受け入れられるようになるそう。赤ちゃんの体って、きちんとミルクから離乳食になる準備をしてくれているんですね!だから、焦ってスプーンに慣れる必要もないんです!

   

さいごに

離乳食準備が要らないなんて、少し驚かれたかもしれません。私も驚きでした。

でも、赤ちゃんの体はちゃんと離乳食を受け入れる準備をしていくんですね。その準備が整う早さにはもちろん個人差があると思います。焦ることなくゆったりとした気持ちで、赤ちゃんの準備が整うのを待ってみてください。


ミルクを飲む期間もたった半年ほど。そう思うと、少し寂しい気もしてきませんか?
ママと赤ちゃんの二人だけの時間を十分に楽しみながら、たっぷりの愛情と一緒に授乳してあげてほしいです。
ん〜! 私も早くママになりたいなぁ〜…!

   

では、続いて離乳食について具体的にご紹介します。
「楽しく食べよう! 初めての離乳食 〜離乳食初期〜」

  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事