赤ちゃんの抜け毛・はげにはいくつかの原因が!

赤ちゃんの「はげ」、気になり始めると、何が起こっているのか心配になりますよね。
病気? 母乳? ストレス? など悪い原因を考えてしまいます。
実は、赤ちゃんの抜け毛やはげは、悪い原因ではなく、成長過程にみられる生理的な原因の方が高いのです。
赤ちゃんがはげる原因はいくつかあります。

   

新生児生理的脱毛

赤ちゃんの髪の毛は、生後6ヶ月までに生え変わるといわれています。
それまで時期に、赤ちゃんの頭全体の毛髪がお休みになり、髪の毛がたくさん抜けてしまうことがあるのです。
新生児生理的脱毛とは、この原因により赤ちゃんの頭皮が非常に薄くなっていることをいいます。時間が経てば髪の毛の生え変わりが安定するので、心配はいりません。

   

乳児期後頭部脱毛

新生児生理的脱毛と同時期の生後6ヶ月くらいの赤ちゃんによく見られます。
寝ている赤ちゃんの頭が枕や寝具に擦れることで、後頭部の髪の毛がとても薄くなってしまう抜け毛。寝はげともいわれています。こちらも、寝ている時間が短くなるにつれて目立たなくなっていくので安心です。

   

乳児脂漏性湿疹

新生児頭部皮膚炎とは、赤ちゃんの頭ににカサブタやウロコのようなものがある症状です。頭皮の洗い方やアレルギーが問題というわけではないようで、皮脂の分泌が多くなりすぎて皮膚細胞が詰まってしまうことが原因だと言われています。
見た目は痛そうで心配ですが、感染もせず、赤ちゃん自身はかゆみや痛みがありませんので安心してください。
入浴中にソフトブラシで、カサブタを優しくほぐすようになでたり、ワセリンで頭皮をマッサージするとカサブタがとれやすくなります。とれたカサブタは洗い流してあげてくださいね。
生後3~4ヶ月ぐらいで自然に治っていきます。

   

かきむしり

汗をかいたり乾燥したりすると、頭皮が痒くなり手でかきむしってしまうことも。室内の温度や湿度が高すぎず低すぎずの調整をしてあげましょう。
また、爪をこまめに切って傷を防いだり、慢性的なかゆみのようであれば、洗濯洗剤を低刺激なものに変えてみて様子を見てください。
いろんなものを触ることは赤ちゃんの成長に必要なので、手袋をはめる解決策はおすすめしません。

   

自分で抜いている

なかには、赤ちゃんがおもちゃで遊んでいるような感覚や構ってほしいという思いから、自分で髪を抜いている場合があります。
成長するにつれて「引っ張ると痛い」という感覚がつくようになるので、あまり重要視しなくても大丈夫。
髪の毛を引っ張っているのを見かけた時は、声をかけたりおもちゃを持たせてあげるといいそうです。

   

思い当たるようなことはありましたか?
どの原因も、時間が解決してくれるものなので、生えそろうのを気長に待ちましょう。

参考:秋山こどもクリニック
http://www.akcl.jp/colum/co42cat1.html

   

いつまで続くか心配! 抜け毛・はげが続く時期

赤ちゃんの頭髪が薄い時期が長いと、このまま生えなかったらどうしようかと悩みますよね。
将来大きくなった時に、困らないかという心配も。
生えてきますので、安心してください。

1歳ぐらいになると、髪の毛の抜けるスピードに生えるスピードが追いついてきます。そして、頭全体にきちんと髪の毛が生えそろって、はげともバイバイできるようになるのです。
お母さんもホッとしますよね。

それから3歳ぐらいに成長すると、これまでの乳児特有のフワフワした髪の毛から、ツヤやコシのあるしっかりとした髪の毛に変化していくのです。
待っていれば大丈夫。身体だけではなく頭の成長もゆっくり楽しみましょう。

   

予防はできる? 抜け毛・はげになりにくい工夫

赤ちゃんのはげは、心配せず予防もなくて大丈夫です。しかし、それでも気になるお母さんは多いですよね。
心配な場合は、赤ちゃんについて3つのことに気をつけましょう。

   

ベッドにものを置きすぎない

寝返りが打ちやすいような工夫を行いましょう。
同じ体制で、同じ場所ばっかり擦れると、はげになりやすいです。

   

蒸れに注意


帽子を選ぶ時は、通気性がいいものが一番です。
コットンだと、頭皮の汗を吸収し蒸発してくれます。
また、室内や涼しいところでは、帽子を脱いでこまめに拭いてあげるといいかもしれませんね。

   

ヘアアクセサリーは軽いものを

近頃、赤ちゃん用のカチューシャやピンなの可愛いものがたくさんありますよね。
そのヘアアクセサリーが重かったり、毛をピンっと引っ張ってつけていると髪の毛は抜けやすいです。
へアアクセサリーをつけるには、まだ髪の毛が少ないかなと思った場合は、ムリにつけず生えるまでもう少し待ちましょう。

   

頭皮の「擦れ」「蒸れ」や髪の毛の「引っ張り」に気をつければ、赤ちゃんのムダな抜け毛は減りそうですね

   

生まれつきにはげていると将来腫瘍になる可能性も?

生まれつき頭皮の一部にあざがあり毛穴がない場合は、「乳児血管腫」という病気の可能性もあります。乳児血管腫とは、未熟な毛細血管が増殖した良性の腫瘍です。
頭皮、顔や身体など全体のどこにでもできやすいといわれています。別名いちご状血管腫ともいわれていて、あざが赤くいちごのような見た目が特徴。

お大きさは、1cm以下〜10cm程。症状が出る場所は、1箇所の場合が多いですが2箇所以上のこともまれではないそうです。経過は、生後1〜4週間の間に見つかり、1歳までに多くくなります。5〜7歳のころに赤みはなくなりますが、毛穴は無いままでたるみになってしまうこともあります。
良性なので害はあまりありません。しかし、成長するにつれて困ることもあるので治療を希望する場合が多いそうです。

治療法は大きくレーザー照射投薬手術があります。
治療法や治療開始時期は、症状やお医者さんの意向によりさまざま。手術では麻酔を使うので、幼いうちに手術をするのか体が成長して手術をさせるのか悩みどころです。
お医者さんとしっかり相談して、子供にとってのベストな方法を選びたいですね。

参考:マルホ株式会社
https://www.maruho.co.jp/kanja/kekkanshu/about/disease.html

   

あどけない頭がかわいい!今は心配しなくても大丈夫

SNSやブログなどでお母さんたちのコメントをみると、“赤ちゃんのはげはかわいい”という意見がほとんどでした。
髪の毛がポヤポヤしている感じがなんとも言えないくらい愛らしいですよね。
私も赤ちゃんを見ると、髪の毛がフワフワしていて、ぬいぐるみのような感じで触りたくなってしまいます。

赤ちゃんの髪の毛が少ないのは少ないでメリットがあるみたいで、「シャンプーや乾かすのが楽!」「蒸れにくい!」「散髪しなくていい!」
というお声も多くありました。
世のママはプラス思考な方が多いくてほっこりします。

「問題ないかな?」と心配しているお母さんも安心してください。
赤ちゃんの髪の毛の量や生え方にはもともと個人差がありますし、はげ抜け毛は、成長過程での自然な現象です。
気づかないうちに、いつの間にかフッサフッサになっていますよ。

赤ちゃんの薄くてかわいらしい頭は、今のうちだけかもしれません。
そんな貴重な時期をアルバムに収めておけば、見返した時楽しそうですね。

  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事