幼稚園と保育園の基本的な違い

働くママが増え、保育園に入れないという話をよく耳にします。保育園に入れなくて仕事をやめざるを得ないママや、かわいいわが子と離れたくないと自主的に仕事を辞めるママもいます。保育園に入れない場合は幼稚園入園まで待つ、というケースも選択肢のひとつ。

幼稚園保育園、大切なわが子を預ける場所としては同じなのですが、基本的に大きな違いがあります。

   

幼稚園

管轄/文部科学省
保育期間/3歳〜小学校入学前
保育時間/9時頃〜14時頃まで(延長保育のある園は別途数時間)
保育料/私立の場合は園が設定。公立の場合は自治体が設定。

保育園

管轄/厚生労働省
保育期間/0歳〜小学校入学前
保育時間/7時半頃〜18時頃まで(施設や家庭により異なる)
保育料/保護者の所得により異なる。園の認可や認可外によっても異なる。

   

幼稚園と保育園の基本的な違いは上記のとおりですが、保育園にはさらに細かい違いがあります。

   

認可保育園(公立)

国が定めた設置基準をクリアし、都道府県知事に認められた児童福祉施設。公費によって運営されているので、保育料が安いのが特徴。

   

認可保育園(私立)

子育て支援制度の給付を受けて、NPO団体や社会福祉法人、株式会社などが運営する保育園。園によって保育内容や預かる時間なども大きく違いがあります。

   

認可外保育園

認可の保育園よりも指導基準がゆるく、直接園に申し込んで空きがあればすぐに入園可能。
最近では自治体が補助金を出している「認証保育園」や、国が補助金を出す「企業主導型事業所内保育」というものも開設されはじめています。

また認可保育園に入るための条件は、住んでいる自治体によって異なるものもありますが一般的なものは以下のとおり。

・就労(フルタイム・パートタイム)
・保護者の疾病や障害の有無
・妊娠や出産を控えている
・虐待やDVの恐れがある
・親族の介護や看護をしている   など

さらに

・ひとり親世帯
・生活保護世帯
・生計中心者の失業  など

やむを得ない場合は認可保育園に入りやすいこともあるのです。

保活中のママによると、最近の東京都内で認可保育園に入れない場合は、一度認可外保育園を経由しないと入園できないという話も。
認可保育園に入園するためには「基準指数」「調整指数」などと呼ばれる家庭の「点数」によって、高い人から入園できる仕組みになっています。

保育園の種類について、詳しくはこちら
「【保育園の種類を完全解説】違いを把握して保活成功!」   

幼稚園と保育園、保育内容での違い

ここからは幼稚園保育園園生活での違いを見ていきましょう。

文部科学省によりますと、幼稚園
「幼稚園教育要領では、教育課程の編成基準を示し、幼稚園の1日の教育時間の標準を4時間と定め、各幼稚園において、創意工夫を生かし、幼児の心身の発達と幼稚園及び地域の実態に即応した適切な教育課程を編成し、3歳以上の幼児に対し保育(幼児教育)を行うものとしている。」
とのこと。

一方保育園
「乳児期から一日の大半の時間を生活する所であるため、養護と教育が一体となって豊かな人間性を持った子どもを育成するところに特色があり、保育指針においては、生命や健康の保持、情緒の安定、食事や排泄などの基本的生活習慣の確立など項目が詳細に記述されている。
とされています。

つまり幼稚園は「創意工夫を生かした教育」が中心で、保育園は「基本的な生活習慣の確立」を保育内容の基本としているということです。

また幼稚園と保育園は教育だけでなく、給食などの食事面でも大きな違いがあります。

保育園では基本的に、毎日給食とおやつが出ます。保育園の給食は厚生労働省に義務づけられているのです。
発育や発達のための役割、食事をとおした教育的役割、保護者支援の役割など、親子のためにしっかりと考えられています。

幼稚園では園によってかなり違っており、毎日給食が出る園もあれば毎日お弁当の園も。
わが子たちが通っている園は週2日給食となっており、どちらも楽しめるようになっています。

給食の有無はママたちにとって「毎日お弁当はツライ」「給食がある園がいい」と幼稚園を選ぶときの大きなポイントにもなります。
多くの子が3年間通うことになるのですから、ムリのない範囲で頑張りたいですよね。

参考:文部科学省 
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/030/shiryo/06022009/005.htm

   

幼稚園と保育園、費用の違い

幼稚園と保育園の大きな違いは費用面でも。
まず認可保育園の費用ですが、先ほども述べたとおり保護者の所得により異なります。収入の多い家庭ほど、保育料が高くなる仕組みです。
年収によりもちろん違いますが、認可保育園の全国平均価格は月に2〜3万円となっているようです。

認可外保育園で自治体や国から補助金が出ていない保育園は、世帯年収に関わらず一律の場合が多くなっています。

公立幼稚園は月平均1万2千円程度、私立幼稚園は月3万円程度。(文部科学省調べ)
さらに私立幼稚園の場合は制服代、教材費、給食費、バス代、PTA費、遠足代、写真代…とあらゆるオプションに費用がかかってきます。

正直自分の子供を幼稚園に入れてから「こんなにお金がかかるのか……!」と驚きました。ありとあらゆる細かなものにお金がかかります。

保育園も幼稚園も認可や公立の園でしたらそこまで費用はかかりませんが、どちらも私立はかなりかかります。
その園の先輩ママや近所のママ友などに聞ける場合は、事前にリサーチしていたほうがいいでしょう。

   

幼稚園と保育園、選ぶポイントは?

認可の保育園は入るのに精一杯。なかなか選ぶ余裕はないのが現状ですが、私立の幼稚園や認可外の保育園は選ぶポイントがたくさんあります。

   

教育面

私立の幼稚園も保育園も、最近では英語や勉強面などの教育面に力を入れているところが多いです。
ピアノや体操、プールなどを保育時間の後に組み込んでおり、希望者だけ習い事ということでできることもあります。
実際に私の息子も幼稚園の後に体操教室を習っていました。送り迎えを別でしなくても、幼稚園に迎えに行くだけでいいので親の負担もかなり減らすことができます。

   

親の負担

親の負担がどれくらいかかる園か、というのもポイント。
基本的に保育園は親の負担が少ないのが特徴ですが、幼稚園は親の負担が多い園がたくさんあります。
給食の有無、お弁当が週何回、親参加のイベントがどれくらいあるかなども大切です。
バザーがある園は親の手伝いが多いかもしれませんね。ひとつの見極めポイントです。
どれくらいの行事や負担があるのか、実際に園に通っているママに聞いてみたり、行事に参加してみることをオススメしますよ。

   

保育方針

お勉強重視の園なのか、のびのび遊び重視の園なのかもポイント。
小学校受験を考えているならその対策をしてくれる園がいいですし、とにかく自由に楽しく泥んこ遊びをさせたい、という人はのびのび系の園がオススメです。
小学校受験向けの幼稚園は入園テストの時点で面接も重要になってきますので、しっかり対策をしておきたいですね。

   

通いやすい距離か

3年間以上通うことが多いので、通いやすい距離にあるかどうかが大切です。
保育園の場合は仕事の行き帰りにピックアップしやすい場所なのか。幼稚園の場合は園バスがあるのかなど、通園方法もポイントになってきます。

   

選択肢が増える、最近の幼稚園&保育園事情

「仕事をしたいけど保育園に入れない」「保育園に入れたいけど幼稚園と同じ教育を受けさせたい」
親の願いはさまざまです。そんな要望を叶えるべく、最近では幼稚園と保育園の新しいスタイルも生み出されています。

   

認定こども園

幼稚園と保育園が合体したような施設「認定こども園」が徐々に増えつつあります。
「就学前の子供に幼児教育、保育を提供する機能」「地域における子育て支援を行う機能」を備えている施設です。

認定こども園にも種類があり

・幼稚園型
・保育所型
・幼保連携型
・地方裁量型

それぞれ地域やニーズによって異なります。

「保育園のように長時間預かって欲しいけど、幼稚園のような教育を受けさせて欲しい」
「幼稚園の子供たちと一緒に保育して欲しい」
などの願いを叶えることができます。

   

延長保育

幼稚園の中では「延長保育」を実施している園も増えてきました。
多くの幼稚園は14時頃で帰宅となりますが、延長保育では17時〜18時頃まで預かってくれるのです。延長保育を使えば働くママも子供を幼稚園に通わせることができると人気になっています。
実際に私の息子が通っていた幼稚園でも延長保育が実施されており、かなり多くのママが利用していました。仕事の有無に関わらず、ママたちのリフレッシュタイムとしても多く利用されていましたよ。「14〜16時の2時間パック」「14〜17時の3時間パック」などから選ぶことができました。
1時間200〜400円くらいのところが多いようです。園によっても価格や時間は違うので、入園前に調べておけるといいですね。

   

保育料の無償化

2019年10月から「保育料の無償化」がはじまる予定です。
消費税が10%に上がることにより、保育料の無償化がスタートします。
認可保育園、認可外保育園、認定こども園、幼稚園、それぞれ上限額がありますが、かなりの額を国が負担してくれることになります。
負担してもらう額を差し引いた額を納金するのか、年度末にキャッシュバック制になるのか、細かいことはまだ決まっておりません。
親として負担する額が減るのは嬉しいことですが、保育の質が低下したり、待機児童がさらに増えないかなど、まだまだ細かい点での心配は多々あるのが正直なところです。

参考:内閣府
http://www8.cao.go.jp/shoushi/kodomoen/gaiyou.html
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/kodomo_kosodate/k_36/pdf/s2-2.pdf

   

幼稚園を選んだママの声

私自身子供を幼稚園に通わせていましたが、その園で通った幼稚園生活がどうだったか、ママたちに話を聞いてみました。

「役員などがあって大変かなと思ったけど、幼稚園に行く機会が多いのは子供の幼稚園生活を見ることもできて楽しかった。」

「ママたちが参加するイベントが多いのは、ママたちの距離が縮まるキッカケにもなった。卒園した今でもしょっちゅう飲みに行っています。」

「行事が多くて親は忙しいかもしれないけど、子供たちはそれ以上に楽しかったようです。」

「知育や情操教育に力を入れている園だったので、学習や体力面では期待以上に成長を感じました。小学校に入学したときもあいさつや生活態度など、まわりに誇れるような姿勢で安心できました。」

こんな声が多かったです。

幼稚園=ママたちが大変そう、というイメージがあるかもしれませんが、実際に入園してみるとまったく苦ではありませんでした。たしかに保育園に比べてやることは多いかもしれませんが、子供のためと思うとできてしまうのです。
数々の幼稚園から「ココ」を選んだママたちが集まってきているので、価値観が似ているママが多いのです。つまり仲良くなりやすい。
わが家も家族ぐるみで、卒園してからも仲良くしていますよ。

   

保育園を選んだママの声

まわりでは働くママも多く、保育園に通わせているママが多くいます。
そのママたちに保育園生活について話を聞いてみました。

「保育園でもお迎えの時間が同じママたちと仲良くなることができて、休みの日もよく一緒に遊んでいます。」

「認可外保育園で勉強面も取り組んでくれるので、かなり満足しています。」

「おやつの時間やお昼寝の時間、長く過ごしているせいか、お友達との絆がとても強いです。家でできないことも保育園でたくさん経験させてくれるので助かっています。」

保育園のママたちも満足している声ばかり聞きました。認可、認可外、どちらも特徴があり一概にどちらがいいとは言えないようです。
働きながらも子供を安心して預けられる保育園。しっかり選んでいきたいですね。

幼稚園も保育園もそれぞれに細かい特徴があることをおわかりいただけたでしょうか?
家庭の方針、生活スタイルにあわせた園を選べるといいですね。

子供の大切な成長期を預ける場所ですから、親子で納得できる園に出会えることを願っています!

  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事