保育園の種類はさまざま

子供を保育園に入れるための活動「保活」。もう始めていますか?
さて「そろそろ保活を始めようかな…」「最近保活を始めました!」というママさん・パパさんにお尋ねします。

保育園の種類を把握していますか?」

すべて厚生労働省の管轄とはいえ、種類によって金額入園規定に違いがあるのが保育園です。
認可保育園のみを狙って保活をすると思わぬ困難を招くことになるかもしれません。
その最たる例が「希望の認可保育園にすべて落ちてしまう」という事態。認可保育園以外の施設を調べていないと、こんな時にどうしたらいいかわからないですよね。とりあえず入園させても保育料や保育の内容に納得できないのは親子共々ツライです。

さらに、保活ではいろいろなニーズを満たせる保育施設に目を向けておくのがオススメ。家庭のニーズに合った保育施設を利用することで、仕事も家庭も快適に両立することができるんです。
スムーズな職場復帰を目指す親御さんのために、保育園の種類と特徴、費用やメリット・デメリットを徹底的に解説します!

   

保育園の種類は大きく3つ


保育園の種類は、大きく分けると「認可保育園」「認可外保育園」「認証保育園」の3つです。保活前にそれぞれの特徴をしっかりチェックしましょう。

   

認可保育園(保育所)


正式名称は「認可保育所」。施設の広さや職員の人数など、国が定めた基準を満たしている保育園のことです。

【入園手続き】
各市区町村に申請、保育の必要性の認定が必要

【保育料】
主に年齢・保育時間・親の市民税によって決定(比較的安い)

【メリット】
他施設に比べて保育料が安い
安全性の高さが期待できる

【デメリット】
定員がいっぱいで入園できない場合がある

認可保育園の中にも公立保育園公設民営保育園私立保育園の3種類があるのをご存知ですか?
3種類の保育園がどのように違うのかご紹介します。

①公立保育園

各市区町村が直接運営している保育園で、保育士はみんな公務員です。

②公設民営保育園

各市町村が設置していますが、運営は民間の企業に委託・移管している保育園です。保育師は公務員ではありません。運営方針は公立の保育園と同じです。
「運動重視」「英語教育を取り入れている」など、保育の方法や園の雰囲気には園それぞれに特色があるので、事前に見学するようにしましょう。

③私立保育園

社会福祉法人・NPO法人・企業・学校法人・宗教法人などが運営している保育園です。認可保育園だけでなく、認可外保育園もあります。
公設民営よりも独自の保育方針を発揮しているのが私立保育園の特徴です。キリスト教や仏教をベースにした教育をしたり、山などの自然の中で保育したり……と教育方針や施設に園の独自性が反映されていますから「とにかく教育方針や保育方針にこだわりたい」というママはしっかりチェックを。

【公立保育園から公設民営保育園に転園したママの声】

保育園は、公立or民営によって本当に違うのを実感しました。今は民営だけど、前の保育園よりすごく良いです。
以前の公立保育園は、保育士さんにベテランさんが多かったけど、ちょっとした熱ですぐ電話があるなど「マニュアルありき」な点がちょっと…。今の民営保育園は若い保育士さんが多く、体力があるのを感じます。

認可民営は園によって特色があるのも良いと感じます。うちの園は英語プログラム、造形教室が毎週あり、体操教室も隔週くらいで実施されているんですよ。

   

認可外保育園

国が定めた基準を満たしていないか、満たしていてもまだ認可されていない保育園が「認可外保育園」です。
子供の事故といえば認可外保育園で起こるというイメージを持っているママもいるかもしれませんね。しかし実際は、園の設置には届け出が必要ですし、適切な運営がされているかどうかの検査も行われています。
企業内保育室、企業型保育園(関連企業に勤めている家庭の子供と地域の子供を一緒に預かる保育園)、ベビーホテルなど、親のニーズに合わせた園があるのも認可外保育園の特徴です。

【入園手続き】
園へ直接申し込む ※先着順の場合もあるので早めに確認を

【保育料】
各園によって異なる(比較的高い)

【メリット】
認可保育園よりも入りやすい
夜間の保育や職場での保育は親が仕事をしやすい
就職していなくても預けられる園もある

【デメリット】
保育料が高い園が多い
子供の安全が心配

【認可外保育園(企業型保育園)を選んだママの声】

認可外保育園を選んだのは、私の住んでいる地域に待機児童がすごく多く、保育認定の点数も足りないためでした。
園を選んだ決め手は、保育料が検討していた金額よりも安かったことと、たまたま空きが出たことです。
少人数制の園で、先生は子供をしっかり見てくれており、相談しやすい雰囲気にとても満足しています。給食は栄養士さんが管理して市の基準に沿っている点も安心。下手な認可よりも良いと感じています。

   

認証保育園(地方単独保育事業)


東京都独自で行われている認可外保育園の中には「認証保育園(認証保育所)」があります。
国の基準は満たしていませんが、地方自治体の基準は満たしている園で、全国的には「地方単独保育事業」と呼ばれています。

【入園手続き】
園へ直接申し込む ※先着順の場合もあるので早めに確認を

【保育料】
各園によって異なる(比較的高い)

【メリット】
保育や教育内容が充実している園もある
地域や園によっては保育料が認可保育園より安い場合がある

【デメリット】
基本的に保育料が高い
園庭が無かったり、保育スペースが狭かったりする園がある

【認証保育園を選んだママの声】

家から近いので認証保育園にしました。保育料は高いですが助成金が出るので、ムリに認可を狙わなくてもいいかな、と。事前に見学にも行きましたが、狭くても安全性に配慮を感じた点が決め手になりました。

   

社会のニーズに合わせたさまざまな保育施設

ご紹介した3種類の保育園に加えて、ニーズに合わせたさまざまな保育施設があるのにも注目です。
なかには保育園と並行して利用できるサービスもありますから、しっかりチェックして賢い選択をしましょう!

   

認定こども園

幼稚園と保育園の一体型施設を目指すのが「認定こども園」です。0歳から2歳までは共働きや家族介護が必要など、利用できる保護者に一定の規定があります。子供が3歳以上になれば、親が働いてなくても入園することができます。
3歳以降は4時間程度の教育時間が設けられているのも認定こども園の特徴です。
保育認定を受けていれば子供を夕方まで預かってもらうことができますので、この点は通常の保育所と変わりがありません。

   

企業内保育室(事業所内保育所)

認可外保育園の中でも、会社の中や会社の近くに用意された従業員向けの保育施設が「企業内保育室」。子供の発熱など不測の事態にすぐに対応できたり、職場の勤務状況に合わせて保育してもらえたりする点が便利ですね。

   

院内保育室(病院内保育所)

企業内保育室の中でも、夜勤のある看護師さんを対象にした病院内の託児所が「院内保育室」。保育料は通常の保育所よりも安く設定されている保育室もあり、看護師さんやお医者さんが快適に働くためのサポートになっています。

   

地域型保育事業

保育所よりも少人数、0歳から2歳の子供を対象にした保育事業が「地域型保育事業」。各市町村が設置をしており、利用には保育認定が必要です。
認可外保育園の中で紹介した「企業型保育園」もこの事業の一環なんですよ。他にも「小規模保育」や「居宅訪問型保育」という形態があります。

   

保育ママ(家庭的保育)

子供を自分の家で預かる保育者やその事業を総称して「保育ママ(家庭的保育)」と呼びます。情緒の形成に大切な3歳未満の時期に、保育施設よりも家庭的な雰囲気で保育してもらえる、というのは大きなメリットですね。

   

ベビーシッター

ベビーシッター専門の会社から保育士を派遣してもらい、自宅で子供の保育をしてもらうサービスです。保育認定は必要ありません。当日でも頼める・夜間対応可能・音楽など特殊な教育をしてくれる場合があるのも特徴です。

   

ファミリー・サポート

正式名称「ファミリー・サポート・センター事業」は厚生労働省が推進している事業です。「子供を預かってあげたい」という人が「預かってほしい」という人を援助できるように、ファミリーサポートセンターで連絡や調整などをしてくれる事業で、利用には事前登録が必要です。
利用料金はセンターによって違いますが、ベビーシッターと比べると割安です。「保育園のお迎えに間に合わない!」といった場合も対応してくれることがあるので、保育園と並行して利用する方法もオススメですよ。

   

違いを知れば、行きたい保育園がわかる!

保育園の種類をご紹介しましたが、いかがでしたか?
認可保育園にも種類があるので、実際に見学に行き、保育園それぞれの特徴が子供や親の生活と合うかどうか検討することが大切です。
そして、職場復帰後の生活を快適にするためにも、認可外保育園認定こども園にも目を向けた保活をしましょう。

事前に違いを知っておけば、万が一、認可保育園に入れなくても、行きたい保育園がわかります。
みなさんの保活が成功しますように!

   

※保育園と幼稚園の違いを解説した記事はこちら
「幼稚園と保育園は何が違う? 選ぶポイントとママの声」

  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事