赤ちゃんの頭の形が「いびつ」になってしまう原因

命がけで出産した大切なわが子。「元気に生まれてきてくれてよかった!」と最初は誰もが思ったはず。

でもだんだん日が経つにつれて、気になることが出てきます。それは赤ちゃんの「頭の形」。
「この子いつも右ばかり下にしているから、側頭部がつぶれてる?」
「二人目でずっと寝てばかりいるから、後頭部がぺったんこ…!」

こんなふうに思ったことがある人、きっと多いでしょう。

赤ちゃんの頭の形がいびつになってしまうのには、いくつか原因があります。

1)頭蓋骨がやわらかく、変形しやすい
2)いくつかの骨が重なってできている頭蓋骨。これがまだしっかりくっついていない

赤ちゃんは胎児のときから向き癖があり、一定方向ばかり向いてしまうとのこと。頭の重い赤ちゃんは長時間同じ体勢が続くと、下になった部分が平らになってしまというのです。

あなたの赤ちゃんの頭の形はどのタイプ?

「頭の形がいびつ」といっても、いろいろな種類の形があるようです。

斜頭症

頭の形状異常で一番多いと言われている「斜頭症」。

頭頂部から見たときに、左右どちらかが斜めになっている状態です。斜頭症の原因は向き癖によるものと考えられています。多くが生後2〜20週くらいの間に発症しやすいので、向き癖には特に注意する時期です。

短頭症

頭頂部から見たときに、後頭部が平らになり、頭の縦幅が短い状態のことを「短頭症」といいます。

赤ちゃんが長時間にわたり仰向けで寝ていることが原因とされています。横から見たときに頭頂部が斜めに上がっていることも。一般的に「絶壁(ぜっぺき)」と言われているのもこのタイプです。

長頭症

細長い頭の形をしているのが特徴の「長頭症」。

横向きに寝かされる時間が多かったのが原因と言われています。横向きに寝かされることが多いという状況は、NICUなどでの治療が必要だった赤ちゃんに多いということ。頭の形がいびつだという悩みの中でも、医師に要相談、というケースが一番多いのが長頭症です。

向き癖に注意が必要な「時期」と「姿勢」

向き癖でついてしまった、赤ちゃんのいびつな形。いつまでに治るのでしょうか。また、向き癖の原因は寝ている間以外にもあるようですよ。

生後8か月までが要注意

一般的に、赤ちゃんの頭の骨は生後7〜8か月頃までに固まってくると言われています。ですのでその時期までに改善させていきたいところ。ただ成長するに従って自然に治る場合もありますので、しばらく様子を見てもいいかもしれませんね。

できる範囲内で向き癖をつけないように注意していきましょう。

抱っこの仕方にも要注意

寝ている状態だけで頭の形が変わるとも言えないようです。

授乳中の姿勢や抱っこの仕方も頭の形に影響があるとのこと。授乳中や抱っこって、どうしても楽な姿勢が決まっていてそちらばかりに偏ってしまいがちですよね。

「うちは抱っこばかりなのに頭の形がいびつ……」という人は抱っこの形に問題があるのかもしれません。いつも同じ形や同じ向きばかりにならないように注意が必要です。

バウンサーやベビーチェアにも要注意

「ベビーベッドに寝かせていないから大丈夫!」というワケでもないようです。

子供がごきげんでいてくれるから、と長時間バウンサーに乗せていたら、バウンサーと同じカーブの頭の形になってしまったという話もあります。「ベッドじゃなきゃいい」ということでもないんですね。

ベビーチェアなども同様です。つまり「同じ姿勢で長時間いないようにすること」が大切なんですね。

赤ちゃんの頭の形をよくするために!

赤ちゃんの頭の形をきれいにしてあげるために、まずできることから予防と対策をしてあげましょう。赤ちゃんやママやパパ、みんなにムリのない範囲でできることをご紹介します。

定期的に頭を動かしてあげる

長時間同じ方向を向かないように、定期的に頭を動かしてあげましょう。わが家の息子は明るい方向を見る癖があったので、寝かせる向きやベビーベッドごと向きを変えたこともありました。最初は頭を動かしにくそうにしていましたが、すぐに慣れて左右どちらも同じくらい向くようになりましたよ。

おもちゃなどで興味を引いてあげる

「何度向きを変えても右ばかり向いてしまう」ということもあります。そんなときは向いて欲しい方向にメリーなどのおもちゃを置くことをオススメします。音が出たり光ったりすることで、赤ちゃんも興味を持つはず。まずは違う方向を向かせることからはじめましょう。

ドーナツ枕には注意が必要

頭の形をよくするために昔から使われていた「ドーナツ枕」。私も第一子出産のときに義理の母から渡されました。このおかげか(?)わが子たちは頭の形に悩むことなく過ごすことができましたが、今では使用に注意が必要とも言われています。

頭の形が固定されてしまうので、吐き戻しをした赤ちゃんがうまく横を向けず、窒息してしまう危険があるというのです。頭の形をよくするためにある程度効果があるのかもしれませんが、使用時にはなるべく目を離さずに、注意が必要とのことです。

うつぶせ寝も注意が必要

「仰向けに寝かせると頭の形が悪くなるなら、うつぶせにすればいい?」と思う人もいるかもしれません。でもこちらは新生児突然死症候群(SIDS)の恐れがあるので、目を離してうつぶせにすることは絶対にやめましょう。

しっかり目を離さずに、固めのマットレスのような場所で頭を持ち上げる練習をする場合は例外です。ただ長時間は赤ちゃんの負担にもなりますので注意しましょうね。

いびつな頭の形、どう対処した? どうなった⁉

赤ちゃんの頭の形に悩んだママたちは少なくありません。そのママたち、どんなことをしたのでしょう。またその後、頭の形はどうなったのでしょうか?

「生後3ヶ月〜4ヶ月頃に頭の形が気になり、それ以降はなるべく寝方や抱っこの仕方など左右平等にするよう心がけました。1歳頃にはほぼ気にならないくらいになりましたよ。」(8歳男の子と4歳女の子のママ)

「わが家の息子はドーナツ枕を使用していましたがまったく無意味だったのではというくらい絶壁です。でもおすわりができるようになり、髪の毛も増えだんだん目立たなくなってきました。成長するに従ってよくなる人がほとんど、と病院でも言われましたよ。」(6歳と0歳男の子のママ)

「向き癖を治すために、横向きに寝かせたとき後ろ側にタオルをおいて戻れないようにしました。頭の後ろだけではなくお尻までタオルを使うのがポイント。向き癖が治ればいびつな形も目立たなくなりました。」(6歳男の子のママ)

多くのママたちが「いびつな頭の形は目立たなくなった」と答えてくれました。おすわりやハイハイができるようになると丸みをおびてくることが多いようです。

また弁護士でタレントでもある大渕愛子さんのブログによりますと、お子さんの頭の歪みを治すべく「ヘルメット治療」をされたそうです。
(詳しくはこちら https://blogger.ameba.jp/genres/baby/stories/490402448014874386

病院で医師のもとおこなったヘルメット治療、かなり効果があったようです。どうしてもお子さんの頭の形が気になるという人は、一度病院へ行ってみるのもよさそうですね。

遺伝? 病気? 受診が必要な頭の形とは

赤ちゃんの頭の形については「遺伝だ」という声も多数あります。「生まれたときから頭の形には気をつけていたのに、絶壁の私の形にそっくり似てしまった」「ずっと同じ方向ばかり向いていたのに、頭の形は主人にそっくりでとてもきれい」などと言う人もいます。

遺伝で決まってしまうのは、仕方のないことです……。それでも環境要因を少しでも取り除いていけば、少しは効果があると信じたいですね。

また頭の形によっては病院で治療が必要な場合もあります。それは「頭蓋骨縫合早期癒合症」という先天性の異常。赤ちゃんの頭蓋骨は何枚かにわかれているのですが、これが通常より早い時期にくっついてしまうのです。頭の形が変形するだけでなく、脳組織の正常な発達に影響が出ることがありますので「どうもおかしいな」と思ったら専門の形成外科や小児脳神経外科を受診するようにしましょう。

(詳しい見極めかたなどはこちら https://www.childneuro.jp/modules/general/index.php?content_id=44 

向き癖に注意して、しばらく見守ってみよう

わが子の頭の形に悩んでいるパパやママは多いと思いますが、病気であることはめったにありません。多くの子供たちは成長するにつれてわからなくなってきます。髪の毛もどんどん増えて、頭の形を意識する機会ってあまりありませんよね。大人になって「あの人頭の形変だよね〜」なんて話題になることもそうないですから大丈夫!

まずは向き癖を治したりするなど、できることからはじめてみましょう。そして数ヶ月は様子を見てみましょう。その頃にはすっかり悩みも変わっているかもしれませんよ。頭の形がきれいにこしたことはありませんが、不安な顔をせず、お子さんと一緒に楽しい毎日を過ごせるようにしましょうね!

参考
秋山こどもクリニック
https://www.akcl.jp/colum/co43cat1.html
AHS JAPAN
https://www.ahsjapan.com/introduct/#In1
日本形成外科学会
http://www.jsprs.or.jp/general/disease/congenital_anomaly/congenital_anomaly_02.html
http://www.jsprs.or.jp/member/disease/congenital_anomaly/congenital_anomaly_01.html
アメーバ
https://blogger.ameba.jp/genres/baby/stories/490402448014874386
日本小児神経学会
https://www.childneuro.jp/modules/general/index.php?content_id=44

  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事