shutterstock_341281274

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんや子供によく見られる病気ですが、子供の成長に従って、改善されることも多いんです。正しいケアを知って体質改善を図りましょう!

アトピーの症状

shutterstock_259023803

アトピーは、かゆみのある発疹が慢性化する病気で、月齢によって症状が変わることが多いことが特徴です。赤ちゃんは皮膚トラブルが非常に多く、アトピーかどうかを診断するのは難しいのですが、顔や頭にぶつぶつが出来たり治ったりを繰り返すようであればアトピー性皮膚炎の疑いがあります。アトピー性皮膚炎の子がすべて同じ症状というわけではありませんが、以下のような特徴を持っていることが多いので覚えておきましょう。

赤ちゃん時代

生後2か月から3か月でアトピー性皮膚炎を発症することが多いです。頬や口の周りに、赤い盛り上がったぶつぶつができたり、ジクジクとした発疹ができたりします。最初は顔だけですが、全身に広がっていくことがほとんどです。

また、アトピー性皮膚炎はかゆみも特徴。赤ちゃんや子供はかゆみを我慢できないので、発疹をみて細かいひっかき傷のようなものがあればアトピー性皮膚炎の疑いがあります。アトピー性皮膚炎の発疹は左右対称に出ることが多いため、片側しか発疹がでてない場合は、向き癖でそちらだけずっとシーツなどに、触れている可能性があるため観察してあげましょう。

しかし!前述通り赤ちゃんは皮膚トラブルが多いもの!外見だけでアトピー性皮膚炎であると判断することは困難となります。

幼児期~小児期

赤ちゃんの頃はジクジクとした発疹ができますが、この頃になると皮膚はだんだん乾燥肌っぽくなってきます。赤ちゃん時代と同じく、かゆみが強いため、皮膚をかきむしってしまう子がほとんどです。中には、かきむしるのが癖になってしまうことも……。

発疹としては、赤ちゃん時代とそう変わりませんが、乾燥のため白い粉をふいたような皮膚の子が比較的多くなっています。発疹のあるところがうろこのように固くガサガサするほど乾燥してしまう子もいるんですよ。また、アトピー性皮膚炎の子は肌が弱いため、かぶれなどを起こしやすくなっています。幼稚園や保育所で、肌に関する病気(とびひなど)が流行した際も感染しやすくなるので注意が必要です。

アトピーの診断について

shutterstock_370277678

アトピー性皮膚炎は見ただけで診断できる場合もありますが、経過を見ないと判断できないことが多いため時間がかかることもあるんです。

診断の際に確認する症状としては

・かゆみがある
・赤くて湿った感じのぶつぶつ
・もしくはカサカサしている
・左右対称に発疹がある
・慢性化している

以上の5つが主なものになります。

典型的なアトピー性皮膚炎の症状が続いている場合は、すぐに診断できることが多いようです。しかし、月齢の低い赤ちゃんや症状が軽い場合は、発疹の経過を見ないと他の肌トラブルと間違えてしまう可能性も。

アトピー性皮膚炎はアトピー素因が関係していることが多いと言われているんです。アトピー素因は遺伝することが多く、診断の際に家族にアレルギー疾患がないか調べ、検査を行ったうえで、アトピー素因が強いか判断していきます。

アトピーの治療・予防法

アトピー性皮膚炎の、治療そして発疹予防に重要な点は3つ!

1)スキンケア
2)アレルゲンの除去
3)塗り薬

以上のことに重点を置いて、ケアを行っていきましょう!

1)スキンケア

shutterstock_328953524

乾燥肌で、肌を守るバリア機能が低いため、かゆみを感じやすく感染症にもかかりやすいアトピー性皮膚炎の子供の肌。乾燥して水分が少ないと、汗や汚れなどの刺激物が肌の中にまで入っていきやすくなるんです。ですので、スキンケアを行う際は「汚れなどの刺激はできるだけ早く洗い流す」「保湿をする」ことが大切になります。このスキンケアはもちろん治療にもなりますが、予防でもあるんです!お肌の調子がよくなると手を抜きがちなスキンケアですが、続けていきましょうね。

2)アレルゲンの除去

shutterstock_188502533

そもそも、アトピー性皮膚炎などのアレルギーは、アレルゲンと呼ばれるものが体内に入り、体が反応することで発症するものになります。アレルゲンに囲まれれば、それだけ症状が悪化する可能性も高くなるということ。ダニやハウスダストなどもアレルゲンにあたるので、掃除をこまめに行うことを忘れないでくださいね。また食事についても、制限される場合があるため医師と相談しましょう。

3)塗り薬

shutterstock_174196772

アトピーと診断されると、塗り薬が処方されることが多いです。抗炎症作用のあるステロイド剤で、炎症の鎮静化させ、かゆみを抑えることで、かきむしることが減り次第に治っていく……という治療の流れになります。炎症の程度によって、処方されるステロイド剤の強さも変わっていくため、何かわからないことや不安なことがあればかかりつけ医に相談しましょうね。

まとめ

今回はアトピー性皮膚炎について基本的なことをまとめてみました!アトピー性皮膚炎はしっかりとケアしていけば、年齢と共に改善していくことが多い病気です。しかし最近では、アトピー性皮膚炎が長引くケースや、思春期に再発するケースもあるようなので完治したからと言って、油断は禁物!正しい知識を身に着け、できるだけ早くアトピーの「かゆみ」から子供を救ってあげたいですね。

  • オリゴ糖
  • 葉酸サプリ
  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事