こんにちは。将来お母さん志望の室水です!
日々子育てについて勉強中です(^^)

赤ちゃんって沐浴中、すご~く気持ちよさそうですよね。
見ていてこっちが癒やされちゃいます。ですが、赤ちゃんの沐浴ってどうするんでしょう?

いざ自分が赤ちゃんを沐浴させるとなると、ちょっと怖いです。
きっとはじめてのママも不安でいっぱいですよね。
さて、今回はそんなはじめてのママのために”沐浴の基本”について調べてきました!

赤ちゃんの沐浴で準備するもの

 ✓ベビーバス
 ✓ガーゼ
 ✓温度計 
 ✓洗面器
 ✓石鹸
 ✓沐浴布
 ✓着替え
 ✓バスタオル

 

赤ちゃんの沐浴の手順

1.着替えを準備する

沐浴後に素早く着替えさせられるように、ベビーバスの近くに着替えを用意しておきましょう。
服だけでなくおむつの準備もしておくことをおすすめします。

バスタオルや上着、下着は着せやすいようにセットしておくともっと良いですよ♪

2.入る直前にお湯の温度をチェック

熱すぎず、ぬるすぎない温度です。
目安は冬場は40度、暖かい時期は39度です。

3.赤ちゃんの足から湯船に入れる

私達も湯船に浸かるときは足から浸かりますよね?
いきなり全身湯船につけると赤ちゃんがびっくりしてしまうそうです。

肩から下は沐浴布で覆い、足からゆっくり入れてあげましょう。個人差はありますが、手まで覆ってあげると安心する赤ちゃんも多いそうですよ。


また声をかけたり、胸に手をあててあげると赤ちゃんはもっと安心するそうです。手を握ってあげるのもオススメです。

4.顔から順にガーゼで洗う

絞ったガーゼで最初は顔から洗いましょう。耳の裏側もキレイに拭きましょう。
次に頭、首、胸、おなか、股、手足の順に洗っていきます。

ここで注意することは、体温が逃げないようにすること。
頭を洗ったらすぐに拭いてあげましょう^^


臭いが気になる場合は石鹸やシャンプーを泡立てて洗ってあげると良いですよ。
脇や関節は汚れが溜まりやすいので、忘れないように拭いてあげましょう。

ちなみに、おなかは手のひらで「の」の字を書くように洗うのがおすすめですよ◎


※ガーゼは拭く度に、洗面器のお湯で洗いましょう。
※お股を洗うとき、男の子の場合はおちんちんや陰嚢の裏側まで丁寧に洗います。
女の子の場合は、割れ目やひだの表面を指の腹で洗いましょう。 
※赤ちゃんが泣き始めたら洗う部分は省略して大丈夫ですよ。

5.背中をとおしりをあらう

脇の下に手を入れ、赤ちゃんの体を背中が上を向くようにひっくり返します。
この時、顔がお湯につかないように気をつけましょうね。おしりは円を描くように、割れ目は優しく洗いましょう。

6.上がり湯をかける

再び赤ちゃんを上向きにして、別に用意しておいた上がり湯をおなかから胸辺りにゆっくりかけます。
熱すぎないかを確認してから、かけましょう。

7.タオルで水気をふいて、素早く着替えさせる

タオルで赤ちゃんをくるみ、顔と手をふき、そっと押すように水分を拭き取ります。
脇の下や首のくびれ、関節の裏側も忘れずに拭き上げましょう。

赤ちゃんの沐浴でトラブル!こんな時どうしたらいい?

沐浴の度にうんちをするのはどうしたらいいの?

母乳やミルクを飲むとうんちが出やすいので、授乳直後の沐浴は避けたほうが良いみたいです。
どうしてもうんちをしてしまうようであれば、洗面器にうんちを流すためのお湯を準備しておきましょう。

 

沐浴のとき耳を塞がなくていいの?

耳に水がかかっても奥まで入り込むことはありません。
沐浴後に耳を拭くときも入口付近を軽く拭くだけで十分です。

沐浴に入浴剤は入れてもいい?

赤ちゃんの肌は大人よりも敏感なので、入浴剤は使わないことをおすすめします。
家族と一緒にお風呂を入るようになってもできるだけ避けましょうね。

さいごに

いかがでしたか?
私たちは毎日お風呂に入って汗や汚れを落としますよね。
特に赤ちゃんは新陳代謝が活発なので清潔を保つために毎日沐浴をします。生後一ヶ月までは感染予防を防ぐために、ベビーバスで体を洗ってあげましょうね。

はじめてのママは慣れないことで、たくさん時間がかかってしまうかもしれません。
沐浴は赤ちゃんとのコミニュケーションの一つです。赤ちゃんに、体をキレイにする気持ち良さを教えてあげてくださいね♪

  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事