こんにちは。
将来お母さん志望の室水です。
日々子育てについて勉強中です。

先日地元の薬局をぶらぶらと歩いていたら赤ちゃん用の爪切りが目に入りました。
赤ちゃんも爪を切るんですね!感動的でした!
赤ちゃんの爪を切るのっていつから?
爪を切るときにおとなしくしてくれなかったら?

など分からないことはたくさんですね。

私もお母さんになったときのことがとても心配です。
今回はそんなママのために赤ちゃんの爪切りの基本について調べてきました。

1.赤ちゃんの爪を切るタイミング

赤ちゃんは新陳代謝がいいため、爪もすぐに伸びるそうです。
週に一度はチェックをしましょう。
個人差があるのであくまで目安ですが、知り合いのママさんは2~3日に1回切ってあげているそうですよ。

2.赤ちゃんの爪はいつ切るの?

寝ているときに切るのがオススメ。
起きていて機嫌も良さそうであれば、座らせて切りましょう。

また入浴後は赤ちゃんの爪が水分を含み柔らかくなっています。
このときは、切りすぎてしまう可能性があるためできるだけ避けましょう。

3.爪の切り方

一度に手と足すべての爪を切るのはママにとっても大変ですし、赤ちゃんにとってもじっとしているのは辛いことです。
全ての爪を一度に切ろうと思わずに、数回に分けて切ってあげましょう。
切るときの姿勢は赤ちゃんと同じ向きに座って、赤ちゃんを後ろから抱きしめるイメージです。

足の爪を切るときは向かい合って、切る爪の指をもちあげて切ると良いですよ。
切るときは赤ちゃんの指をしっかり固定しましょう。
指の腹側からみて、肉からはみ出た部分を爪切りで切りましょう。そうすれば深爪を防ぐことができます。

4.爪切りの種類

月齢によって爪切りは替えるのがオススメです。

ハサミ型(0ヶ月~)

新生児の赤ちゃんであれば、指も爪も小さいです。
できるだけ、刃が小さくて薄いものを選びましょう。
赤ちゃん用のハサミ型爪切りは先が丸いものが多くて、赤ちゃんの肌を傷つけにくい形になっているんですね。

 

てこ型

てこ型タイプの爪切りは、爪がしっかりしてくる約生後9ヶ月以上の赤ちゃんに適しています。
平らな刃先で、つめの先がよく見え、深爪を防ぎます。

電動型

赤ちゃんの爪を切るのが怖い、爪を切った後に丸く整えたいなどの場合は、電動爪切りがオススメです。
電動でパッドが動くので、赤ちゃんの指先を傷つけることなく優しく爪をといでくれます。

爪やすりも赤ちゃんの肌を傷つける心配がないので良いですよ。

 

5.赤ちゃんの巻き爪は治るの?

 

赤ちゃんの巻き爪は成長とともに自然と治っていくことが多いようですよ。
様子をみながら、食い込んで炎症を起こしたりしているようであれば、皮膚科に連れて行ってあげましょう。

 

6.赤ちゃんの引っかき傷対策

爪を切っているのに、顔に引っかき傷ができることもあります。
それを防ぐために、爪を切った後にはやすりで滑らかに整えてあげましょう。

それでも引っかき傷ができるようであれば、赤ちゃんにミトンをしましょう。
赤ちゃんは痒くてかくというよりは爪が肌にあたってしまうことが多いそうです。

最後に

いかがでしたか?
赤ちゃんの小さくて可愛らしい爪を切るのってすごく怖いし、神経使いますよね。

でも、だからといってそのまま放置していると赤ちゃんの可愛いお顔に傷がついてしまう場合が…。
爪切りも最初はこわごわでも、やっているうちに段々と慣れていくみたいですよ。
赤ちゃんが暴れだしたら、一度中断して、落ち着いたら再開しましょう。
大切なのは焦らず、丁寧に爪をきってあげることみたいですよ(*^^*)

  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事