赤ちゃんが突然吐くとびっくりしますよね。実は赤ちゃんの体は、大人に比べて吐きやすい構造をしているんです。今回は、赤ちゃんが吐いてしまう原因や疑いのある病気について、一緒に見ていきましょう!

赤ちゃんが吐く原因

shutterstock_483979036 (1)

赤ちゃんや小さな子供の胃は、大人の胃に比べ入口のしまりが悪く、胃が起き上がった形をしています。このため、食べたり飲んだりしたものが逆流しやすくなっており、吐きやすいということなんです。赤ちゃんが、おっぱいを飲んだ直後に、口の端からタラッと吐いてしまうことを「溢乳(いつにゅう)」といって、これも飲んだものが逆流しているから。げっぷのはずみや、抱っこされたときに吐くこともありますが、これらは生理的なものになります。赤ちゃんの機嫌がよくて、順調に体重が増えていれば特に問題はありません

shutterstock_78217849

さらに、食べ物をかんだり飲んだりすることがまだ苦手なので、のどの奥にうまく咀嚼できていない食べ物があたって、反射的に吐いてしまうこともあります。

このように、赤ちゃんの体には病気以外にも「吐いてしまう原因・要因」をたくさんもっているんです。

しかし、嘔吐が続くようであれば病気の疑いがあります。吐き気のある病気は重症化することもあるので、「いつもと違うな」と少しでも感じたらすぐに受診しましょう。さらに、吐く回数が少なくても、それ以外の全身症状(熱がある、ぐったりとしている、など)がある場合も受診してあげてくださいね。

赤ちゃんが吐いたとき、疑いのある病気は?

shutterstock_440181571

吐く原因として多いのは、細菌やウイルスなどに感染している場合。感染性の急性胃腸炎の場合、嘔吐だけではなく下痢も伴います。

ほかにも、車酔いなどで耳にある神経から刺激を受けて吐くこともありますし、脳症・脳炎、髄膜炎などが原因の場合は命の危険も……。意識がもうろうとしていたり、けいれんを起こしていたり、といった症状が現れた場合は至急受診しましょう!

受診の目安としては以下の項目を参考にしてくださいね。

自宅で様子をみても良いだろう症状

shutterstock_159940502
げっぷとともに吐いた
だらだらと吐いた
赤ちゃんの機嫌がいい
吐いた後は元気にしている
他の症状がない

かかりつけ医に相談するべき症状

shutterstock_346561451
熱や下痢など他の症状がある
1日に何度も吐いている

時間外でも至急受診したほうが良い症状

shutterstock_348233915
吐き方が激しくなり、おさまらない
脱水症状がでている
意識がもうろうとしている
けいれんを起こしている
血液や緑色の液体を吐く
頭を強く打った後に何度も吐く

吐いた時の対処法

shutterstock_492857848

赤ちゃんが吐いてしまった後は、口元をきれいにふいてあげましょう。吐いたものでのどを詰まらせる危険性も減りますし、においが残っていると、その匂いが吐き気を誘ってしまいます。そのため、衣服や汚れたシーツなどもすぐに交換してあげてくださいね。

吐き気が続いている時は、横向きに寝かせるか、たて抱きにしましょう。仰向けの状態にすると、吐いたもので窒息する可能性があります。また赤ちゃんの近くに、新聞紙をひいた洗面器などを準備し、次の吐き気に備えてください。

shutterstock_180953951

吐き気がおさまったら、少しずつ水分補給をしてあげましょう。このとき注意してほしいのが、吐いた後すぐに飲ませないこと。すぐに飲ませてしまうと、また吐いてしまうこともあるので、吐いて30分後くらいから飲ませてあげてくださいね。いざというときのために、水分や電解質を素早く補給できる経口補水液を常備しておくと安心です。吐かずに、30分間ほどで100mlくらい飲めるようであれば一安心。脱水症状などの心配もないので、普段通りの水分補給に戻して大丈夫です。

吐き気があるときはもちろんなのですが、吐き気が治まった後でもしばらくの間は、柑橘類や乳製品は避けましょう。

shutterstock_473961157

また、吐いた原因が感染力の強いウイルスの可能性もあります。吐しゃ物がついた衣服やシーツは綺麗に洗いましょう。さらに、ケアをする人も、ケアの前後に手を洗うことが大切です。

まとめ

赤ちゃんは吐きやすいため、「吐いた=病気」ではありません。しかし、吐き気のある病気は重症化しやすく、命にかかわることもあります。前述の受診の目安も、もちろん参考にしてほしいのですが、何より大切なのは普段の様子を知っている家族の「何かおかしい」という勘です!
普段から赤ちゃんの様子をよくみて、異変を感じたらすぐに病院へつれていってあげてくださいね。そのさいに、嘔吐物の写真などあると診断しやすくなります。余裕があれば、写真を撮っていきましょう。

  • オリゴ糖
  • 葉酸サプリ
  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事