こんにちは!保育士のたまご、インターン生の伊藤です!

突然ですが…ママの皆さんに質問があります!

「魔の2歳児よホントに…」「イヤイヤ期は本当に大変だった…」

そんな話を先輩ママから聞いたことはありませんか?
そんなこと言われたら…私はきっと、不安がムクムク湧いてきてしまいます…。

1歳半頃から始まって2〜3歳頃まで、長い子は4歳頃まで続くと言われるイヤイヤ期。
「うちの子にはいつ来るんだろう…」「今でさえ育児が大変なのにどうしよう…」
と考えるだけで少しおっくうになってしまいますよね。

イヤイヤ期について考えていたときに一つ、私が思ったことがあります。
いちばん怖いのは、「育児なんてもううんざり!イヤイヤ!」とママが思ってしまうことなんじゃないかなあ、と。

「そんなママが増えることだけは避けたい…!」そう思いました。

イヤイヤ期って、そもそも何なのでしょう?どうしてやってくるのでしょう?
そこが分かれば、ムクムクと湧く不安も少なくなりそうな気がしたんです!

イヤイヤ期って何のために来るの?

子どもの心の発達を研究する学問が「発達心理学」です。その発達心理学の用語では、「イヤイヤ期」には「第一次反抗期」という名前が付いています。

そう、そうなんです!

思春期に来ると言われる反抗期は第二次反抗期で、実は第一次があるんです!

第一次反抗期は、「僕は僕なんだ!」「私にも気持ちがあるの!」と自分の気持ちを初めて周囲にぶつけていく時期。「自分」の存在を発信していく練習をしているんですね。

ふむふむ、それじゃあ子どもって「イヤイヤ」と伝えることでどんなことを学んでいるのでしょう?

みんなにも気持ちがあるんだ

子どもは、自分が「イヤ!」と言ったことで周囲がどうなるのかを見ています。

たくさんの「イヤ!」を言う経験の中で子どもは“お友だちが泣いた、ママが困った顔をした”という場面に出会っていきます。
そうして知っていくのは、「自分だけじゃなくてみんなにも気持ちがあるんだ」ということ。

「これで遊びたいけど、○○ちゃんずっと待ってるから交代」と自分の気持ちをコントロールする練習のためには、イヤイヤ期ってとっても大切なんですね!

言葉で伝えることができるんだ

赤ちゃんは、空腹やおむつの気持ち悪さ、体調の悪さなどの「不快だ」と感じること全てを、泣くことで周囲に伝えています。

ここでぜひ、今日までのママの頑張りを思い出してほしいです。どうして泣いているのかが分からず四苦八苦した経験、ありませんでしたか?
「おっぱいかな?うんちした?どこか痛いのかな?」と泣いている原因を探すことに一苦労したママも多いのでは。

でも、自分の気持ちを言葉で伝えられるようになった今、子どもが感じているのは「泣かなくても言葉でママに気持ちを伝えられるんだ!」ということ。

泣くことでしか気持ちを伝えられなかった子どもにとって、「イヤだ!」と言葉で伝えられること、それはとっても大きな発見なのです。

イヤイヤ期って何が「イヤ」なの?どうすればいいの?

イヤイヤ期の子どもは、時には何を言っても「イヤだ!」の一点張りで何も受け入れてくれない、超☆強烈なバリアを張ってくることがあります。超☆スーパー強烈です。笑

いったい何がイヤなのでしょう?どう対応すればいいのでしょう?
いくつか考えてみました!ご参考までにぜひ(^^)

言葉が上手に出てこなくて「イヤ」

いくらおしゃべりが上手になっても、子どもはまだまだ自分の伝えたいことを上手に伝えられません。それは感情が高ぶるとなおさら。

・伝えたいことを伝える言葉が分からなくて「イヤ!」
・上手に伝わらないから「イヤ!」

そんな、もどかしさや苛立ちを感じて出てしまう「イヤ」なのです。

たくさんのイヤが重なって泣いてしまった時には、子ども自身も何がイヤだったのか分からなくなっていることもしばしば。
糸がぐちゃぐちゃに絡まってしまったような、そんなイメージです。

原因の追究はせずに、「イヤだったね」とそっと寄り添ってみてください。
無理に糸を引っ張らずに、一旦緩めるように。絡まった糸をほどく、一つの方法になると思います。

「構ってよ!」の気持ちの「イヤ」

自分が「イヤイヤ」と言うことで、“ママを独り占めできる”と子どもはちゃんと知っています。相手をしてほしいから、何に対しても「イヤ」と言ってしまうんですね。

これは、弟や妹がいる子に多いそう。
「お兄ちゃんでしょ、お姉ちゃんでしょ」とは言わず、ゆっくりと二人で遊ぶ時間を作ってみてください。名前を呼んで、ぎゅ〜っとハグしてみてください。
きっと、可愛らしい笑顔を見せてくれるはず。

「ダメ」と言われる指示が「イヤ」

パパやママから「これはダメ」「あれはダメ」と、自分の「やりたい!」の気持ちを「ダメ」という一言で片付けられてしまうと、子どもも何もかもがイヤになってしまいます。

でもこれは、きちんと自分の意志がある証拠。すごく素敵な証拠なんです!

「これがやりたいんだね」と共感した上で、「どうしてダメなのか・パパママがしたいことは何なのか・いつならしていいのか」などを伝えてみてください。


大人の私たちだって、自分が楽しそうだと思ってやろうとしたことを理由なく制止されると、ムカッ!としますよね。それと同じなんです。

子どもはちゃんと大人の言葉を理解できます。しっかりと伝えると、案外すんなりと受け入れてくれることも!
少ししゃがんで子どもに目線を合わせて、ゆっくり伝えてみてください。

さいごに

さてさて、「イヤイヤ期がくる前に…」という思いからこのコラムを書いてきました。でもイヤイヤ期って、「イヤイヤ」の強弱はあれど、いつか来てしまうんですよね。
覚悟はしていても実際に我が子がイヤイヤ期を迎えたら…。やっぱり、ストレスが溜まってしまうし、そのイライラを我慢してしまうと思うのです。

でも、ママだからって、強くある必要はないはず。
だって、「今日まで我が子のために子育てをしてきた」、それだけでとっても強いママだと思うんですもん!

だから、どうかストレスが溜まって溜まって…「もうイヤ!」となる前に、ママ自身に休憩時間とご褒美をあげてください。ママが深呼吸してリラックスすることも、子どもの気持ちを受け止めるためにはとっても大切なはずです。

今日の空はどんな色でしょう?かわいい形の雲が見つかるかもしれません。
お散歩がてらお出かけしてみてくださいね。


イヤイヤ期にも、いつか「必ず」終わりが来ます。
背負いこまずに、ときどき休憩しながら。それで十分だと思います。
ぜひ私たちのことも頼ってくださいね!
イヤイヤ期を終えたその先で待っているのはきっと、一つ大人の階段を登った、キラキラ笑う我が子の姿です!

  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事