こんにちは〜!保育士のたまご、インターン生の伊藤です(^^)

「幼稚園と保育園どっちにするの?」

そんな質問をされて初めて気付くこと。
途端にハテナマークがうじゃうじゃ…というママもいらっしゃるのではないでしょうか。

「幼稚園と保育園って、何がどう違うの…?」

私も大学の授業でしっかりと違いを勉強するまで、降園時間の違いくらいしかわかりませんでした。
その違いを知っていれば、わが子にもママにも合っているのはどちらかを考える、一つの手がかりになるのでは?そう思ったんです!

幼稚園と保育園、いったいどこが違うのでしょう?
どちらかを選ぶ基準はあるのでしょうか?

どう違う?幼稚園と保育園

幼稚園と保育園、実はとても似ている部分もあれば、大きく違う部分もあるんです。ひとつずつ見てみましょう!

どうして施設を設置するのかが違う

幼稚園と保育園、実は設置の根拠となる法令がそもそも違うんです。
学校教育法に定められているのが幼稚園、児童福祉法に定められているのが保育園。だから、政府の管轄も文部科学省と厚生労働省という違いがあります。

幼稚園は、子どもの「教育をする場」であり、保育所は「保護者に代わって保育を行う場」なんですね。
だから以前は「幼稚園は教育をしっかりして、保育園は遊びを中心とする場」とも捉えられていました。


しかしそれも少し前の話。
園の教育方針によって保育のあり方は様々で、のびのびと遊ぶことを大切にする幼稚園もあれば、しっかりと教育を行う時間を設けている保育園もあります。

ちなみに!保育園って、正式には「保育所」という施設です。
だから本当は、「通園」ではなく「通所」と言います。でも、「○○保育所」という名前にしなければならないという決まりはないので、「○○保育園」という名前の保育所がほとんど。
「保育園」という言葉の方が、「保育所」よりも親しみがある!
という理由もあるようです。…ふむふむ、確かに。

預かってもらえる時間が違う

もうひとつの大きな差が、保育時間の違い。
幼稚園は基本的に朝9時〜14時ごろまで、保育園は朝7時半〜18時ごろまでです。幼稚園には夏休みもあります。

最近は幼稚園と保育園の特長をあわせ持った「認定こども園」という複合型保育施設も増えてきました。
延長保育や預かり保育(長期休暇中の保育)が可能だったり、夜から預け入れもできる24時間保育を行っていたり…。
「ママの働き方が多様化したことで、保育園や幼稚園にも様々な形態が生まれているんだなぁ…」と、(就職活動をしながら)しみじみと感じています…。

預かってもらえる年齢が違う

幼稚園は3歳児から、保育園は0〜1歳児からが受け入れ対象です。
ただし、幼稚園にはプレ保育や慣らし保育があり、2歳ごろから預けることも。保育園に入園するには、市町村の許可も必要です。

保育園は「十分な保育ができない家庭に代わって保育をする施設」。
だから、両親が仕事に就いていたり、保護者のどちらかが病気であったりしないと許可が下りないことがほとんどなんです。

市町村はその家庭の「困り具合」を判断し、その度合いが高い家庭から優先的に入園できるようにします。
「いつから仕事に復帰しようか、どういう働き方で復帰しようか」というママのお仕事環境がとっても大事になってくるはず。

ぜひじっくり考えてほしいです。
幼稚園と保育園、どちらが合っているのか見えて来るかもしれません!

保育料の設定の仕方が違う

保育料だってやっぱり気になりますよね。
絶賛金欠中の私にとっては、今一番気になるところ。

まずは幼稚園の場合。公立幼稚園は市町村が保育料を決定し、私立幼稚園であれば園が決定します。私立幼稚園の保育料は、公立幼稚園より2倍ほど高いと言われることも。

保育園の場合は、その保育園が認可か無認可かによって異なります。
認可保育所の保育料は市町村が課税状況によって決定し、無認可保育所は園が保育料を決定します。
ほとんどの場合、無認可保育所の方が保育料は高めなようですが、自治体から助成金が出ることもあるみたいです!
自治体で尋ねると、助成金が出るかどうか教えてもらえます。

「ほぇ〜そうなんだ…」とつい大きめのひとりごとを漏らしたのはこの私。
日々勉強!です☆
ぜひ自治体へ足を運んでみてくださいね!

給食の有無が違う

ここも食べることが大好きな私としては気になるところ。
保育園は給食が義務付けられていますが、幼稚園は任意です。幼稚園によって給食の場合とお弁当の場合、また「毎週○曜日がお弁当の日」という混合型を設けている園もあります。

私の実習園では、週一回「おかあさん弁当の日」がありました。
お弁当箱を開ける子どもたちの嬉しそうな顔といったら、思い出すだけで頬が緩みます。ふふ。
ママ手作りのお弁当って、やっぱりママの気持ちがたくさん込もったものですよね。「お弁当を作る余裕がどのくらいありそうか」ということも選ぶ基準になるかもしれません。

行事の回数や日程が違う

実習のことを振り返っていて、幼稚園実習で金曜日が発表会だったことを思い出したんです。
園の行事の回数や、それが行われる曜日にも違いがあります。

幼稚園は行事の数が保育園に比べて多く、行事や保護者会などが平日の日中に行われることがほとんど。
一方、保育園は共働きの家庭が多いため、園の行事が週末に行われることが多いです。保護者会なども「できるだけお仕事に支障がないように」と遅めの時間帯に設定されていることも。


以前授業の一環で、幼稚園の運動会を見学しました。きっと成長したであろう子どもたちの姿を見ただけで、感動して泣いた赤の他人の私。ママになったら一体どうなることやら…。
園での行事は、子供の成長した姿を見る大切な機会だと思うんです。できるだけ参加して、ママ自身も目で見守ってあげたいですよね。

結局どっちがいいんだろう?

「ここまで読んできたけど…、結局のところ、幼稚園と保育園どっちがいいの?」

そう思われた方もいらっしゃるはず。
でも、どちらが良い・悪いということはないと思うんです。
将来的な学力の差も気になるところですが、どちらに預けたから…ということはないと言われています。

大切なのはきっと、「どちらの方が、より家族みんなが笑顔でいられるか」ということ。

「ママもパパも、そしてわが子もニコニコと笑顔で生活していくためにはどちらが良さそうかな?合いそうかな?」
ママやパパの生活環境・お仕事の状態を見ながらそんなふうに考えてみると、案外すんなり決まってくるかもしれません!

悩んで悩んで、「むぅ〜…」と行き詰まってしまったときは、ぜひ私やはぐくみのスタッフに声をかけてくださいね!
満足のいく、素敵な決定ができますように(^^)

  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事