妊娠超初期の下痢って大丈夫?

排卵日から数日・一週間と経過していくうちに、お腹が緩くなったと感じることがあります。便秘や軟便、下痢などの便の悩みは個人差が大きいものですが、ここでは妊娠超初期の便の変化について考えてみます。

月経周期の中で便秘がち・快便・軟便・下痢と、うんちの変化を感じることはありませんか。便=食べ物や飲み物の影響と決めつけてしまいそうですが、実は便にも“ホルモン”が関係しているのです。多くの女性が「普段は普通の便で食事も大きく変わっていないのに、生理が近づくと下痢気味になる…」という経験をしたことがあるのでないでしょうか。
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)、2つの女性ホルモンによって月経周期は作られていますが、このホルモンには生理や排卵を起こす以外にもいろいろな働きがあるのです。

生理後~排卵前まではエストロゲンの分泌が多く、排卵後~生理開始まではプロゲステロンの分泌が多くなります。排卵後に分泌がはじまるプロゲステロンは、妊娠・出産に備えた身体へと変化させていくのですが、このホルモンの変動により便にも影響を及ぼすと考えられています。

“妊娠ホルモン”とも呼ばれる黄体ホルモンは、身体に栄養や水分を蓄え体外にエネルギーが出ていくのを抑える性質があるので、結果代謝が悪くなり腸の収縮運動も低下、便の水分も奪ってしまい便秘の原因に。一般的には腸の蠕動運動が衰えると便秘が起こりやすくなりますが、妊娠超初期はホルモン分泌の変動が激しいため下痢を引き起こす事もあるようです。
また代謝の低下により、身体が冷えやすく自律神経が乱れてしまうことが原因で下痢になることもあります。

知らなければこの時期の“下痢”が妊娠の兆候だなんて、想像もできないですよね。

参考:山王クリニック
https://sannoh.or.jp/obstetrician/symptom/index.php

     

チクチク腹痛の原因

着床後(妊娠3週)~生理予定日(妊娠4週)以降、下腹部がチクチクする症状に気付く方がいます。便秘ガスが溜まっているのとは少し違うような、不思議な感覚。動かずジッとしてると感じる程度の小さな痛みで、寝る前の横になっている時により感じやすいかもしれません。これは受精・着床により子宮が変化している痛みだと考えられています。体感もチクチクの痛みだけでなく、下腹部が重い・だるいと感じるケースもあるようです。その違和感は生理痛と似ていため生理前の症状と捉えてしまうかもしれませんが、立派な妊娠超初期症状です。

この痛みがあるころに“着床出血”と言われる微量の出血があることも。ひとつ注意すべきことは、異所性妊娠(子宮外妊娠)の可能性です。左右どちらかに痛みが集中していたり、痛みが増していき冷や汗が出るほどの痛みがあったりする場合はすぐに受診が必要です。対処が早ければ処置も軽くて済むことが多いので、異常な痛みがあるとはすぐに病院へ連絡しましょう。

排卵日前後の性交渉の後「いつもと何か違う」と直感が働いたら、妊娠の兆候かもしれません。私もチクチクを感じて希望で胸いっぱいになった経験があります。いいお知らせを待つ間、身体を温めリラックスして過ごすと安心ですね。

参考:堀産婦人科
https://www.hori3541.or.jp/prenatal_checkup/qa

     

妊娠超初期って便秘するの?

妊娠するとプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増え、その影響で代謝が低下します。身体の中に水分などを留めようとするので、どうしても便秘になりがちです。コロコロの便がやっと出るような状態を繰り返すといきむ癖がついてしまい、痔の原因にもなりますので妊娠中は不安を感じてしまうかもしれません。

ホルモンの影響での便秘は、どうやって解消したらいいのかわからないですよね。妊娠を望んでいると薬に頼るのも抵抗があるため、便秘になってしまった場合どう対処したらよいのかわからず困ってしまいます。食物繊維の摂取・しっかりと水分を摂る・規則正しい生活リズム・腸内に善玉菌を増やすなど、安心安全な方法で便秘を予防していくようにしたいですね。

参考:楽クリニック
https://rakuc.com/zi-josei.html

     

吐き気や胸やけ…妊娠兆候かも

食べ過ぎた後のような胸やけ、二日酔いのようなムカムカ・吐き気、それは妊娠による悪阻(つわり)のはじまりかもしれません。妊娠初期症状の代名詞ともいえる悪阻ですが、吐き気や胸やけだけでなくいろいろな種類の症状があります。一般的には妊娠4~7週目から悪阻がはじまるとされていますが、もっと早い時期から異変を感じる場合もあるようです。

大好きな食べ物が食べられなくなってしまたり、ずっと船酔いのような気持ち悪さを感じていたり、予期せぬ嘔吐に驚いてしまったり…。吐くのを我慢してムリして食事する必要はありませんが、嘔吐に伴う脱水症状が心配です。お水でもお白湯でも炭酸水でも、飲みたいと思える飲み物を選びこまめに水分補給することだけは意識して過ごしましょう。

参考:坂本産婦人科クリニック
http://www.sakamotolc.net/ninshin/656.html

     

おならやげっぷが増えたかも…

妊娠を継続させるために身体の代謝を下げる働きのあるプロゲステロン(黄体ホルモン)ですが、だけでなくの動きも抑制します。腸への影響で一番困るのは蠕動運動が鈍くなること。便秘だけでなくガスも溜まりやすくなり、腸内環境も悪玉菌優勢に偏ってしまいます。代謝が低下すると腸内の水分が不足してしまうので、お腹の張りを感じるように。

この状態が続くと硫黄のような強い臭いのおならが出やすくなってしまいます。腸内にガスが溜まるとゲップが出やすくなる上、胃腸の動きが弱まっているので消化機能も低下し、胃のムカつき+小さなげっぷが気になるようになる方も。加えて妊娠中はよだれが増える場合もあるので、よだれを飲み込む際に一緒に空気も飲み込み、結果げっぷが増えるという現象も起こります。

できるだけ消化のいい食事を心がけ、一度に食べる量を減らして食事の回数を増やすなど胃腸の負担を軽くする工夫がおススメです。

参考:pigeon
https://pigeon.info/soudan/soudan-14329.html

     

下痢が続くと流産になるの?

妊娠の可能性がある時期の腹痛下痢は、流産の兆候ではないかと不安になってしまうかもしれません。すぐに落ち着く下痢であれば心配いりませんので、腹痛やひどくならないか様子を見ます。

注意すべきなのは食当たりや胃腸炎・ウィルスや菌によって激しい下痢が起こってしまうことです。この時期はホルモンの影響で体調が不安定になったり自律神経が乱れてしまったりと、身体の免疫力が下がってしまう方も多いのでいつもより気を付けて生活するようにしたいですね。生ものは控えめにし、温かいものを積極的に食すようにするとお腹も喜ぶのではないでしょうか。野菜たっぷりのスープは、食物繊維もたくさん摂取できますのでとくにオススメです。

妊娠超初期~妊娠初期ははじめてだらけで衣食住に心配と疑問が付き纏います。心も身体も日にち毎日変化していきますので、その変わっていく過程を楽しめると最高ですね。信じて待つ、これができればいいのですがなかなか難しいかもしれません。
その不安を取り除けるように、妊娠で起こりえる症状をもっと詳しく知っておきましょう。

参考:的野ウィメンズクリニック
https://www.matono-womens.com/treatment/ninp/food

次の記事では、妊娠超初期の頭痛について原因と対策について考えていきましょう。
「この頭痛は妊娠のサイン? 超初期の頭痛は薬を飲んでも大丈夫?」

  • マカサプリ
  • 葉酸サプリ
  • オリゴ糖
  • 葉酸サプリ

人気の記事