妊活中のビタミンAの必要性

妊活中の体作りには様々な栄養素が欠かせないということは多くの方がすでにご存知だと思います。
はぐくみ日和でも葉酸亜鉛を始め、妊活に欠かせない色々な栄養素を紹介してきました。
その中でも今回は、あまり聞きなれない栄養素であるビタミンAについて詳しく掘り下げていきましょう。

そもそもなぜ妊活中にビタミンAが必要なのか? それは、ビタミンAには皮膚や粘膜を健全に保つ働きがあり、この働きによって子宮内の粘膜も作られているからです。
受精卵が子宮内に着床するためには、ふかふかのベッドのような子宮内であることが理想。それを作ってくれる役割をもつのがビタミンAなんですね。この他にも、体をウィルスや細菌から守ってくれる働きがあるので風邪や病気を予防する効果も。そのため妊活中はもちろん、風邪薬を飲めない妊娠中にも積極的に摂取しておきたい栄養素であると言えるでしょう。

身体の健康を保つには様々な栄養素が必要ですが、その中でもビタミンAの妊活中の必要性はなんとなくわかっていただけましたか?
ここからはビタミンAについて、もっと詳しく見ていきましょう。

   

ビタミンAの効果・効能

前述の通り、ビタミンAには皮膚や粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強くしてくれる働きがあります。この働きによって、髪の毛やお肌をツヤツヤに保つ効果も。また、肌の生まれ変わりを活性化させるのでニキビなどのお肌トラブルにも効果を発揮してくれる、美容面にとっても嬉しい栄養素です。
美容以外ではビタミンAは視覚を正常に保つ働きがあり、とくに“夜盲症”という目の病の予防や回復に必要な栄養素。夜盲症は暗いところで視力が低下する症状のことで、別名「鳥目」とも呼ばれています。

余談ですが、私は小さい頃、母に「人参食べると目がきれいになるから残さず食べなさい」と言われていたのを思い出しました。同じような経験がある方もいるかもしれません。人参にはビタミンAが多く含まれているので、こんな風に言われているのかも?

皮膚や目の健康の他にも、ビタミンAには動脈硬化の予防や、最近の研究結果ではガンを抑制、予防する効果もあることがわかってきました。
将来の健康のためにも積極的に摂りたい栄養素ですね。

   

ビタミンAを多く含む食品

では、ビタミンAはサプリ以外にどんな食材から摂ることができるのでしょうか。

そもそもビタミンAは脂溶性ビタミンの一種で、主に動物性の食品に含まれるレチノールと、植物性の食品に含まれるプロビタミンA(aカロテン、βカロテン、βクリプトキサンチン)の2種類があります。これらのビタミンAとして働く成分を多く含む食べ物はレバー、うなぎ、バター、マーガリン、チーズ、卵、緑黄色野菜などです。その中でも、私たち日本人は緑黄色野菜からのビタミンAの摂取量が最も多いと言われています。緑黄色野菜の中でも特に人参に多く含まれているので、普段の食生活からもわりと取り入れやすい栄養素ですね。

後に詳しくお話ししますが、脂溶性のビタミンA(レチノール)は体に蓄積されやすいため、摂りすぎてしまうと過剰摂取になる恐れも。ビタミンAの過剰摂取は妊娠初期の胎児に奇形などの影響を及ぼすため、できれば妊活中のうちから過剰摂取には注意しましょう。どんな栄養素にも言えることですが、一日当たりの推奨量を守って摂るように心がけたいですね。

   

妊婦さんは摂取量に注意

先ほど少しお話しした通り妊娠中、とくに妊娠初期のビタミンAの過剰摂取には要注意です。ビタミンAの中でも動物性の食品などに含まれる脂溶性のビタミンA。これは水に溶けにくく体内に蓄積されるため、妊娠してから気を付けるのでは少し遅いかもしれません。できれば妊活中のうちから推奨量の上限を守って摂取するようにしましょう。

では、ビタミンAの摂りすぎは妊娠にどのような影響があるのか。気になりますよね。
ビタミンAは妊娠中に過剰摂取すると、お腹の中の胎児に先天性異常をもたらす危険があります。妊婦の体の中に蓄積されたビタミンAが胎児にも吸収されることにより、水頭症口蓋裂などの異常を引き起こすことが。特に妊娠15週あたりまでの初期の頃には注意が必要です。また、胎児だけでなく母体にも頭痛吐き気肝臓や骨の障害等を引き起こすので注意が必要です。

健康で元気な赤ちゃんをはぐくむため、将来の妊娠に向けて今のうちから気を付けるようにしたいですね。

   

ビタミンA欠乏と過剰摂取

では逆に、妊娠中にビタミンAが体内で欠乏してしまった場合どのような影響があるのでしょうか。

ビタミンAは皮膚、粘膜、臓器の成長や分化に関わっているため、欠乏すると胎児の発達に異常を引き起こすことがあります。つまり早産流産を招いてしまう恐れも。母体への影響は、夜盲症食欲不振などの症状が現れることがあるそう。

妊娠中以外でのビタミンAの欠乏は視力低下、夜盲症の他に肌荒れや乾燥、成長期の子供の成長阻害を招くことも分かっています。
不足してしまうのも恐い栄養素ですね。

妊婦の過剰摂取は前述の通り、胎児の奇形のリスクが高まることがわかっています。
妊娠中以外の過剰摂取は、骨粗鬆症や脱毛を引き起こすことがあるそう。
欠乏、過剰摂取ともに体への影響が多くみられる栄養素なので、厚生労働省が推奨する一日の適正量を守って摂るように心がけましょう。

   

食事とサプリでバランスを

なかなか知られていない栄養素、ビタミンAについてはなんとなくわかっていただけましたか?

ビタミンAは緑黄色野菜など、普段の食事からもわりと取り入れやすい栄養素です。ただ、生活スタイルによってはなかなか食事からだけでは不安だという方は、サプリメントを活用してみるのもオススメ。
飲むタイミングや、ほかのビタミンなどの栄養素との相乗効果なども考えて摂るのもいいでしょう。

これはどんな栄養素にも言えることですが、バランスのよい食事と生活習慣を心がけて、妊娠しやすい体作りを目指していきたいですね。

   

妊活~妊娠へ

妊娠を望む女性のほとんどの方は、きっとすでに食事や運動など様々な方法で体質改善に取り組んでいることと思います。
あれこれ試してみたけど、なかなか妊娠できないと落ち込んでしまう日もあるでしょう。周りの人と比べて焦ったりすることがあったっていいんです。むしろそんな気持ちになるのが当たり前だと私は思っています。

しかし、未来の妊娠のために今までしてきた努力がムダになることは絶対にありません。これまで取り組んできたたくさんのことは自分自身の健康な身体と心を作る基盤になっていくものだから。体が元気になると自然と気持ちも前向きになってくるもの。それらの延長線上に妊娠という奇跡がやってくるのだと思います。

葛藤し、一喜一憂しながら、今できること・今しかできないことを存分に楽しんで、いつかやってくる未来の赤ちゃんを待っていてあげましょうね。

   

その他、妊活中の女性にとって必要不可欠な栄養素“葉酸”についての記事はこちら。
「葉酸不足のリスクとは? 飲んでないけど大丈夫?」
「今更聞けない…!? 葉酸はどうして妊活に必要なの?」

“ビタミンE”についての記事はこちら。
「ビタミンEが子宝ビタミンと呼ばれる理由は? 妊活中の女性に必要なのはなぜ?」
“ビタミンB”についての記事はこちら。
「実は妊活に大活躍のビタミンB。あまり知られていないその効果とは?」

  • マカサプリ
  • 葉酸サプリ

人気の記事