妊活を意識する男性が増えている。その背景は?

ここ最近「男性の妊活」に関する話題が増えてきたように感じませんか?
数年前までは、妊活不妊の原因は“女性に主な原因がある”といった風潮がありましたよね。

まだまだ少ないながらも、どうして「男性の妊活」の話題が取り上げられ始めたか考えたことはありますか?
私なりにこのことについて考察を立ててみました。

【考察】
1.社会問題となっている「少子高齢化」
2.「妊活」をテーマにしたドラマや漫画

大きく考えられる背景としては、思い当たる節があるひとが多いのではないでしょうか?
あのドラマとか、あの漫画…本当によかったですよね。

こういった社会問題を中心に「妊活」が注目されたことや、その中で「男性の妊活」が重要であることが取り上げられたことで、妊活を意識する男性が増えてきたことは明らかでしょう。

そこで、今すぐに始められる男性の妊活についてご紹介していきます。

   

きちんと知っておこう! 男性不妊の原因

妊活に取り組んでいく中で、必ず意識しなければならないことは「不妊」に関する話題です。
「敵を知るにはまずは味方から」ということわざがありますが、まさにそのとおりで「不妊という壁(敵)を乗り越える・避けるためにはまずパートナー(自身)のことから」ここから始めることが何より大事なことです。

妊活を始めてから不妊に直面して頭を抱えるより、前もって知ることで乗り越えたり・回避していく方がいいですよね?
そもそも男性不妊の原因には【先天性】と【後天性】の大きく分けて2種類があります。

【先天性】
・さまざまな遺伝的要因
・発育段階で受けた影響による性機能不全
・勃起障害
・早漏
・オルガスムス障害・遅漏

【後天性】
・ストレス
・アルコール
・喫煙
・肥満
・糖尿病
・病気や薬の影響
・精子の損傷や機能障害
・精子の産出や射精に関するトラブル

主な原因として考えられるものをご紹介しましたが、いかがでしょうか?
男性の妊活は、その1日や短期間での取り組みではなく、女性と同様に長い時間をかけて行っていく必要があるとあらためて感じますよね。
先天性のものに対しては「今すぐに対策や改善」ということは難しいですが、後天性のものに対しては「予防や改善」が可能なんです!

不妊についての主な原因が分かったところで、次に妊活のために男性がこれから取り組むべきことについてご紹介します!

参考:医療法人 浅田レディースクリニック
http://ivf-asada.jp/danseihunin/danseigenin.html

   

すぐにできる男性の妊活あれこれ

ここまで読み進めていただいて「じゃあ、これから何に取り組んでいけばいいの?」と思っているのではないでしょうか?
というわけで、ここからは「すぐにできる男性の妊活」についてご紹介していきましょう!

   

タバコ、アルコールは?

「百害あって一利なし」とまでは言いませんが、タバコアルコールが身体に及ぼす影響について、ほとんどの人が少なからず認識をしていることだと思います。

タバコは男性の造精機能に影響を及ぼすなどの影響が指摘されるようになってきています。また、喫煙は性機能の低下に密接に関連しており、勃起不全(ED)を発症リスクが高くなると言われています。

アルコールは、適度な量であればあまり問題はないのですが、多量の飲酒や習慣化が続くと、心身への大きな影響や性機能との関わりがある中枢神経を抑制してしまい、性機能不全になる可能性を高めてしまいます。
「酒は飲んでも飲まれるな。」日ごろから取り込めることなので、お酒の量や頻度はしっかり抑えましょう!

参考:大阪府不妊専門相談センター
http://www.dawn-ogef.jp/funin-osaka/info-5_04.html

勃起不全(ED)に関する記事はこちら。
「【男性の悩み】大事な場面で勃起できない!?ED(勃起不全)・中折れの原因とは」

   

禁欲で“ためる”はNG

「数撃ちゃ当たる」という考えから、禁欲で精子をためようとする男性が少なからずいます。
残念ながら禁欲で“ためる”という考えは誤りなのです。

精子は毎日作られています。なので溜めれば一見量は増えますが、古い精子は徐々に状態が悪くなって死んでしまいます。精子を長期間貯めると、古い精子から産生される活性酸素によって精子や精子を作る細胞がダメージを受け、結果として精子を作る力が低下します。
間違った思い込みから、いつの間にか妊娠力を下げてしまっているのです。

適正な禁欲期間は妊娠を目指す場合1~2日程度で十分であると言われています。
こういったことも妊活にとって大切なことなんですよね。

参考:佐久平エンゼルクリニック
https://www.sakudaira-angel-clinic.jp/blog/infertility/2364/

   

亜鉛、マカ、葉酸…。サプリで補うべき栄養素は?

結論から言うと…どの栄養素も補うべき大切な栄養素です。
一番望ましいのは普段の食事からの摂取ですが、特に亜鉛マカ葉酸といった男性に必要な妊活の栄養素は普段の食事の中で適正な量をしっかり摂っていくことが難しいんですよね。

そこで、摂り入れたいのが「サプリメント」というわけなのです!
もちろん全てをサプリに頼ることはせず、普段の食生活の中で不足してしまっている部分を補えるように、パートナー・自分に必要な栄養素を調べてみてください!

ここで、サプリメントを続けて飲んでいくことに不安があるという人にワンポイントアドバイス!

【「妊活」のためだけではなく「イキイキとした生活」を送るためにも飲む】

妊活に重要な成分は、体力などの活力や身体の質を高めてくれる成分でもあります。積極的に摂り入れていくことをおススメします。

男性の妊活に必要な栄養素「亜鉛」に関する記事はこちら。
「【男性不妊】亜鉛って妊活に必要なの? 妊活から見た男性が摂るべき栄養素“亜鉛”」

   

適度な運動でストレス発散

男性の妊活でいちばん重要な精子に影響を及ぼす一要因が「ストレス」です。
ストレス発散方法でオススメなのは適度な運動。運動をすることで新陳代謝を活性化し、身体にたまった老廃物を外に流しだすことができるができます。

しかし、ここで注意してほしい点が2つあります。
1つ目は「過度な運動は避ける」。
2つ目は「ムリな継続をしないこと」です。
これは、ストレス発散の目的である運動が、新たなストレスを引き起こしてしますのを防ぐためです。ムリのない適度な運動を心がけていきましょう!

ただ、今回オススメしたストレス発散方法は運動でしたが、自身にあった方法で発散していきましょう!
ただし、暴飲暴食はだめですよ。

   

精巣に熱をためない

突然ですが、暑い日ってあまり動きたくないですよね。
それはもちろん精子にとっても同じ事!
精子に適した温度は33~35度と言われています。あたためすぎると夏バテと一緒で運動量が低くなり、場合によっては動かなくなることもあるんです。
こういった部分は日ごろの心がけ1つで対策ができますね!

   

自転車や窮屈な下着も今は控えて

精巣あたためないことを意識する中で、心がけて欲しいことの1つが「圧迫しない」ことです。
下着でいうとブリーフよりも通気性のいいトランクスがオススメ。自転車や長時間のデスクワークなども圧迫やあたための原因になるので、控えるようにしましょう!
普段の生活の中で意識するだけで改善できることですね。

妊活中男性の下着選びに関する記事はこちら
「【男性不妊】下着選びも重要!男性の妊活は「精子」から」

   

予防接種でいつ妊娠してもいい環境づくり

予防接種と聞くと「インフルエンザのことかな?」と思った人もいるかもしれません。たしかに、高熱をともなうインフルエンザの影響は少なからず心配ですよね。その点は、パートナーと話し合って予防を心がけるべきだと思います。
「そうなると予防接種は必要ないのでは?」と思ったりしていませんか?それは大きな間違いです!

風疹という疾患をご存知でしょうか?
風疹に感受性のある妊娠20週頃までの妊婦が風疹ウイルスに感染すると、出生児が先天性風疹症候群を発症する可能性があります。
いつ妊娠してもいい環境づくりの中で最優先すべき点だと思います。
女性は感染予防のために必要な免疫を妊娠前に接種しておくことが重要ですが、男性もパートナーとして接種することを強くお勧めします!

元気な赤ちゃんを授かるためにも、環境を整えることが必要ですね。

参考:国立感感染研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ha/rubella/392-encyclopedia/430-rubella-intro.html

   

諦めないで。病院で解決できることも!

ここまで、男性が今すぐにでも取り組める男性の妊活についてご紹介してきましたが「なかなか授からない」「自分に原因があるのかもしれない…」「自分が原因だった…」それぞれに落ち込みや諦めの気持ちが出てきてしまうことがあるかもしれません。

そんな人でも諦めないでください!
日々医療技術は進化していることはご存知だと思います。
まずは、パートナーとしっかり話し合い病院での検査や治療を受けていくことを強くオススメします。
夫婦にとって前向きな一歩として、男性、女性の方にご理解いただきたいです。

   

「夫婦で妊活」をもっとハッピーに

「妊活は2人の絆を深める良薬にもなれば劇薬にもなる」という方がいますが、ツライ現実に向き合う日やそういった日が続くこともあります。
不妊治療には男性の協力と理解が何よりも大切です。寄り添い理解し合うことも妊娠するための環境を整えることにもつながりますね。

また、特に男性は情報収集に力を入れてくれます。その際は、個人の解釈が入っているSNSやブログなど情報は過信すると危険なことがあります。疑問に思ったときは、病院専門の機関に確かめていくことも大切です。

妊活を夫婦の絆を深める時間にしてもらえたら幸い(ハッピー)です。

そのほか、男性の妊活に関する記事はこちら。
「【男性不妊】あなた(パートナー)の精子は大丈夫!? 不妊に関わる精子の病気と治療法まとめ」

  • マカサプリ
  • 葉酸サプリ

人気の記事