排卵誘発剤不妊治療ではよく使われるものですが、種類によって効果副作用がさまざまです。不妊治療ではよく使われる薬だからこそ、しっかり理解して治療を進めていくのが大切ですよね。今回は、排卵誘発剤種類効果副作用について紹介します。

   

排卵誘発剤とは

排卵誘発剤とは、排卵が起こっていない無排卵月経や、月経が来ない無月経、月経周期が長い希発月経など排卵障害のある場合に、排卵を促すために使われる薬です。排卵を誘発することで、複数の卵子を排卵させて、受精する確率が上がる効果があります。

   

排卵誘発剤の効果は?

排卵誘発剤の効果は、なんといっても排卵妊娠成功率が高くなることです。排卵誘発剤は、卵胞を育てる働きと、排卵を促す働きがあります。卵胞が十分に育たない人や、うまく排卵ができない人に効果的です。また、タイミング法や人工授精、体外受精などの不妊治療で多く用いられています。

年齢とともに卵子の数は減っていくので、体外受精で1度に多くの卵子を採取したい際にも、卵胞を育てるために排卵誘発剤を使用します。さらに、排卵誘発剤で卵胞を育て、排卵を促すことで妊娠率が大幅に上がるんです。排卵率は70~80%、妊娠成功率は20~40%と不妊治療には欠かせないものになっています。

   

排卵誘発剤の種類は?

排卵誘発剤の種類は、内服薬注射の2つのタイプに分かれます。

   

内服薬:クロミッド

クロミッドの効果やメリット
クロミッドとは、脳下垂体に働きかけFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)の分泌に働きかけ、卵胞を大きく育てる内服薬です。クロミッドのメリットは、排卵率が上がり、十分に育った卵胞の数を増やすことで妊娠率も上がります。不妊治療で最も使われている排卵誘発剤がクロミッドで、不妊治療の第一歩として服用される方が多いです。

クロミッドの副作用やリスク
クロミッドは、頸管粘液が減少したり、子宮内膜が薄くなったりします。頸管粘液は、精子を子宮まで届ける大切な役割をしていますが、それが減少すると子宮まで行きつかず、妊娠しにくくなってしまうのです。また、子宮内膜は赤ちゃんのベッドだともいわれているので、それが薄くなってしまうと妊娠率の低下につながってしますのです。また、吐き気頭痛倦怠感などを感じることもあります。さらに、排卵誘発剤の効果が高いため、多胎妊娠の可能性も高くなるので注意が必要です。

   

内服薬:セキソビット

セキソビットの効果やメリット
セキソビットとは、クロミッドと同じくFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)の分泌に働きかけ、卵胞を大きく育てる内服薬です。セキソビットのメリットは、効果が穏やかなため副作用が軽く、頸管粘液の減少や、子宮内膜が薄くなるのを抑えられます。

セキソビットの副作用やリスク
セキソビットは副作用が起こりにくい分、排卵誘発も起こりにくいんです。そのため、卵胞の発育に時間がかかってしまい、排卵までの期間が長くなってしまいます。排卵の誘発率は50%以下ともいわれており、排卵誘発剤の効果が薄くても大丈夫な人や、副作用が心配な人におすすめです。

   

内服薬:テルグリド

テルグリドの効果やメリット
テルグリドとは、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)を持続的に抑制することで、高プロラクチン血性排卵障害や乳汁漏出、下垂体腫瘍といった症状を予防する効果がある内服薬です。不妊に悩む女性は、プロラクチンの値が高くなっていることが多く、プロラクチンの分泌量が増えると排卵が止まることもあります。このプラクチンの分泌を抑えることで、排卵障害を改善する効果が期待できるのです。

テルグリドの副作用やリスク
テルグリドの副作用として、飲み始めに吐き気や胃腸症状、食欲不振や気分が優れないなどの症状が現れることがあります。そのほかにも、めまいや立ちくらみが起こることもありますが、2~3日くらい経てば治まる場合が多いです。

   

HMG注射


hMG注射の効果やメリット

HMG注射とは、非常に強い排卵誘発剤で、内服薬を飲んでも妊娠しなかった場合に使われることが多いです。HMG注射は、注射薬の成分にFSH(卵胞刺激ホルモン)が含まれているため、体内の中で確実にFSH(卵胞刺激ホルモン)が増加します。クラミッドなどの内服薬は、体内のFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌量を増やそうとしますが、HMG注射は直接FSH(卵胞刺激ホルモン)を入れるため、クラミッドなどの内服薬に比べてはるかに高い妊娠効果が得られるのです。

HMG注射の副作用やリスク

HMG注射は、卵胞が過剰に刺激することによって、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)の副作用が起きやすくなります。OHSS(卵巣過剰刺激症候群)とは、卵巣がふくれ上がり、お腹や胸に水がたまるなどの症状が現れます。また、腎不全や血栓症などの合併症を引き起こすこともあるので、効果が強い反面、危険度もかなり高くなるのです。さらに、多胎妊娠の確率が20%ほど高くなり、そのうち3分の1は三つ子以上になるともいわれています。

   

おわりに

いかがでしたか?
排卵誘発剤はとても効果があるものですが、副作用も強いものがあるのでよく考えて不妊治療を進めていくことが大切です。
不妊治療ではよく使われる排卵誘発剤だからこそ、効果や副作用をしっかり理解して、自分に合った治療法をすすめていきましょう。

  • マカサプリ
  • 葉酸サプリ

人気の記事