女性は2つのホルモンバランスによって、生理周期をつくっています。ホルモン分泌の乱れ、量が多すぎたり少なすぎたり。その場合、生理周期が安定しにくくなります。

自分のホルモン状態がどうなっているかわかりますか?
多くの人は簡単に知ることはできません。

それを調べるのが“基礎体温”
低温期高温期に分かれて体温が変動します。基礎体温を毎日測ってグラフ化すると、低温期・高温期の波が見えてきます。

   

まず! 基礎体温とは?

基礎体温とは安静時の体温のこと。
本来は寝ている間の体温のことですが、寝ている間は測れないので、朝起きてすぐ、ほとんど動かない状態で測ることが一般的です。基礎体温は女性ホルモンの影響を受け、1か月の間でも変動があります。

基礎体温を測ることで排卵の周期がわかるため、妊娠を希望する方は基礎体温の計測を勧められます。

詳しくは以下のページで紹介しているので、ぜひご覧ください。
「妊活に欠かせない基礎体温表。活用法や測り方を解説!」

   

基礎体温の理想的なグラフ

約2週間ごとに低温期高温期がきれいにわかれているのが理想です。ホルモンのバランスも取れており、健康な状態です。

   

基礎体温表が正常ではないとき

体温がバラバラ

低温期、高温期の差がはっきりせず、常に体温が変動している人は、まず基礎体温を正しく測れているか確認しましょう。測り始めは特に使用方法に不慣れで、正確に検温できていない場合があります。

正確に測れているにも関わらず、グラフが上下してしまう人は日頃のストレスが原因かもしれません。自律神経が乱れ、排卵にトラブルが起きている可能性も。問題が解決しなければ、婦人科など診てもらいましょう。

高温期と低温期の差が少ない

約2週間の低温期と、高温期に分かれたグラフが書くことができたとします。しかし、低温期と高温期の差が少ない場合、女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が不十分の可能性も。体が冷えて、血行不良になっていないか注意しましょう。

低温期がずっと続いている

ずっと低温期が続いている人の場合、無排卵月経の可能性があります。また、長い低温期のあとに高温期が来る人の場合は、子宮卵巣が不活発な状態になっている可能性も。ホルモンバランスが不安定なので、2~3か月ほど様子を見て、改善しないようであれば婦人科などで確認してもらいましょう。

高温期がずっと続いている

高温期が21日以上続く場合は、妊娠の可能性があります。また、同じく21日以上続いたあとに月経が始まると流産の可能性が出てきます。そのほか、子宮外妊娠や、別の原因を抱えている場合もあるので、早めに受診しましょう。

   

基礎体温がガタガタの方必見! 女性ホルモンの整え方

基礎体温表が正常ではない原因は、ホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスはストレス、生活習慣が影響しているので、ホルモンバランスを整えれば健康な体に近づきます。
今回は女性ホルモンを整える4つの方法を紹介します。

心地よい睡眠をとる

1日の疲れを癒すのは睡眠がいちばん。自律神経のバランスを整え、女性ホルモンの分泌のためにも重要です。寝る直前に食事をすると、胃の動きが活発になるので、睡眠中でも内臓が休まりません。寝る2時間前には食事を終わらせる。どうしても難しい場合は、消化にいい汁物、おかゆなどにして、胃の負担を減らしましょう。

寝る前のお風呂も大切です。ぬるめのお湯に長く浸かる、半身浴をするなどして、体の芯から温めてあげましょう。また、朝の光が自然と入ってくるように、遮光カーテンではなく、普通のカーテンをつけ、光の力を上手に活用することが大切です。

shutterstock_313988567

ポジティブ感情

女性は責任感がたいへん強く、完璧を求めようと努力します。不満足な結果になると自分を強く責めてしまう傾向にあるので、四苦八苦してしまいます。ひとりですべてを抱え込んでしまうと、ストレスを解消する暇がないので、ホルモンバランスも崩れやすくなります。まずは、暮らしの中で簡単に実践できるストレス解消法を実践しましょう。

「あれをやらなければならない」という義務感の言葉を、「あれをやろう!」という単純な宣言にするだけで、心理的圧迫が少なくなります。またたとえば、仕事でミスしたときはまじめな女性ほど落ち込んでしまいます。失敗をしない人間などいないので、失敗を素直に受け入れ、二度と繰り返さなければそれでよいのです。

失敗を引きずっていると気づいたら、心が疲れている証拠。しっかり休日をとって心身を休ませ、自律神経を正常な状態に戻してあげましょう。

自然にふれ合う

現代の生活は自然から遠ざかり、人工的なものに囲まれた環境で暮らしています。あまりに自然環境とふれあいがない日々が続くと、ストレスが蓄積します。

疲れやすい、イライラが募っていると思ったら休日は山や海、自然豊かな公園などに出かけて、心身を解放してあげましょう。森林浴でリラックス効果があることは、広く知られています。「フィトンチッド」という樹木が発散する化学物質には精神安定の作用があり、交感神経をなだめてくれます。休日にはゆっくりと自然豊かな場所に行き、リラックスしていきましょう。

shutterstock_287193812

五感を使ってストレス解放

自然に戻って体を整えるのは理想ですが、忙しい日常だとなかなか難しいですよね。

そういうときには意識して五感を刺激し、ストレスを解消していきましょう。視覚については、パソコンやスマートフォンの使いすぎで疲労感を溜めています。近所の公園などを利用して、自然の美しい景色などを目に入れてリラックスさせましょう。

食事では新鮮な野菜や果物をたくさん食べて、ビタミン・ミネラルをからだに取り入れることが大切です。塩分を控えめに、素材そのものの味を味わってください。そして大切なのは嗅覚です。香りの刺激は鼻孔から脳へ直接届くので、それだけで効果が大きいと言われています。匂いを上手に使って健康を整えることができるのです。

   

おわりに

基礎体温表をつけることによって、自分のホルモン状態は正常なのか、正常ではないのか。これがわかってきます。

時間に追われ、多くのことを要求される日常の中で、ストレスを感じてしまう人もいるでしょう。不自然な生活習慣から、心理状態の変化にも敏感に反応してしまいます。基礎体温がガタガタかと思ったら自分に合ったストレス解消法や、ホルモンバランスの整え方を参考にして健康な体にしましょう。

  • マカサプリ
  • 葉酸サプリ

人気の記事