こんにちは、はぐくみプラス島谷です。

マカはこの数年、不妊症を改善する栄養補助食品として知られるようになりました。
マカの効果はホルモンバランスを整えたり、冷え性をできたりと妊活をされている女性に嬉しいものばかり。
(少し前だと男性の精力剤として知られていたマカですし、男性の妊活にも効果的なのは言わなくても大丈夫ですね^^)

「じゃあ妊活をしている人は全員マカを飲んだら良い!」

実は、100%そうともいいきれないんです(ToT)

今回はそんなマカについて一緒に見ていきましょう!\(^o^)/

マカって何?

マカは、ペルーのアンデス山脈の高地の厳しい自然環境の中で生育している、とても生命力の高い植物です。
インカ帝国の時代から、”マカはエリート階級の食べ物で豊富な栄養素”とその効能を讃えられていたんだとか。

shutterstock_116858872

マカはスーパーに売っているような身近な食材じゃないので、生で見たことがある方はきっと少ないはず。
こーんな見た目だったんですよ^^
(色はマカの種類によってかわります)

マカの成分

ビタミンB群、ビタミンEやカルシウム、リン、鉄、亜鉛などが豊富に含まれているのが特徴。
特に、生殖とも関係の深いアミノ酸のひとつであるリジンやアルギニン、ホルモン様の成分であるデストキリンなどがあげられます。

妊活で検索すると見つかるような成分がたくさん入っていますね!\(^o^)/
これらの効能をあげると、次のようになります。

*エネルギー増強作用
疲労、ストレス、緊張解消、うつ病改善、神経組織の緩和

*ホルモン系の有機的調整作用
性生活の活性化、不妊症の解消、月経不順の改善など

*その他の薬利用作用
体脂肪抑制、老化防止、貧血、胃、脳機能の強化

なるほどなるほど。
なんでしょう、どれをとっても妊活に期待できそうな効果ばかりですね!
(それだけをピックアップしたわけではないですよ!笑)

緊張解消だって、体脂肪抑制だって、結局は妊活に繋がりますよね♪


もう少しマカの効果について詳しく見ていきましょう!

マカの効果

マカには、「アミノ酸の母」と呼ばれるリジンと、「アミノ酸の父」と呼ばれるアルギニンが多量に含まれています。
リジンは女性の生殖機能を活性化し、受胎能力を調整する働きがあり、アルギニンは成長ホルモン分泌に作用するんです。

女性ホルモンの働きが活発になって卵子が急速に成長が進み、排卵障害や月経不順が改善。
また、ホルモン系の障害が解消されるので、冷え性が改善されるんですね(*^^*)


他にも、マカには女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を作用もあることから、動悸やのぼせ、ほてり、頭痛、肩こり、腰痛などいわゆる「更年期障害の症状」もやわらげる働きがあるんです!(o・ω・o)

さらに、ビタミンB群、ビタミンE、ミネラルでは、亜鉛、鉄、カルシウム、リンなどが豊富なので、疲労回復、ストレス解消、食欲の増進、不眠の改善、老化防止などの健康増進にも効果があります。

shutterstock_191075255

なんと万能なんだ…!

ただ。ここまでの内容は一般的なマカのご紹介。
もっと”妊活”という側面からマカを見ていきましょう\(^o^)/\(^o^)/

妊活ならマカ!!!?

先に、妊活とは切っても切れない女性の周期のお話から。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
低温期にはエストロゲンが分泌され、肌の調子を整えたり、体も心も軽くしてくれたりするので活発に行動ができる時期です。
排卵があるとエストロゲンの分泌が減り、替わりにプロゲステロンが分泌量を増やし高温期になります。
プロゲストロンが多くなると、体は水分を溜め込みやすくなり、体調の変化を感じる女性も。
そのころに妊娠をしなければ再び低温期が始まるという仕組み。


▼詳しくは「妊娠できるのは1ヶ月で3日間だけ。妊娠の仕組み、ちゃんと知っていますか?」へ!
https://www.hugkumiplus.net/biyori/ninkatsu/ninshinshikumi/


女性の体は2種類の女性ホルモンバランスの働きによって、生理周期をつくり妊娠出産に備えています。
女性ホルモンは、加齢はもちろん、ストレスや無理なダイエット、生活習慣の乱れによって減少してしまうんです。。

女性ホルモンのバランスと基礎体温は密接につながっているので基礎体温の乱れはホルモンバランスの乱れといえます。

乱れた女性ホルモンバランスを補給し、整えるのに効果的なのがマカなのです!!

マカにはエストロゲンという植物性のホルモンが含まれており、女性ホルモンと近い働きをします。加齢によって減少した女性ホルモンを補ったり、乱れたバランスを改善してくれる女性の味方なんですね♪

shutterstock_275902904

妊活中にマカを飲むのを控えたほうが良い場合って?

ここまで、「マカってこんなにも妊活にぴったりなんです〜!」というお話をしてきたにもかかわらず…マカの摂取を控えたほうが良い方もいらっしゃいます。

それは!
子宮筋腫がある、など婦人科系の病気を抱えている方
です。

本来、マカはお薬ではないので瞬時に身体に働きかけるパワーはありません。(アレルギーではない限り)
しかし一説によると、マカには子宮収縮の作用があるなど言われています。

婦人科系の病気があるけど、どうしてもマカを飲みたい!という方は、一度お医者様に相談された上で摂取されることをオススメします\(^o^)/


さいごに

今回は、「マカが妊活の近道になる人もいますよ」というお話でした。

もちろんですが、念のため。
「マカを摂取できないから、妊活できない」、なんてそんなことは絶対ありません(^^)

体温が低い方だったら、他の方法で冷え性を治していけばいいですし、体脂肪が多い方だったら、他の方法で下げていけば良いんです(*^^*)

妊活について、お母さまや旦那さまに相談されるのもいいかもしれません。
相談しにくいようでしたら、私たちはぐくみプラスにお話くださいね(o・ω・o)

「こんなことをしているんだけどマカをプラスしたほうが良いかな?」
「マカが飲めない体質なんだけど他にできることはある?」
「旦那が協力してくれなくて(ToT)」

などなど、毎日はぐくみプラスにはたくさんの相談をいただきます。
ご遠慮なさらずいつでもお待ちしています\(^o^)/

https://cart.hugkumiplus.net/contact/

それでは、また。

  • マカサプリ
  • 葉酸サプリ

人気の記事