月経前になるとイライラやむくみ、頭痛や眠気などの症状になどに悩む女性は多くいます。
PMSは高校生くらいから始まり、閉経までの約30年ほど、かかわってくる症状です。
今回はPMSの症状と原因について紹介します。

PMSってなに?

月経が始まる前にイライラや情緒不安定、眠気、過食、乳首の張りなど感じたことはありませんか?
月経が始まる1週間ほど前からこのような症状が表れ、月経が始まるとともに消えていく症状をPMS(月経前症候群)といいます。
日本では更年期症状と比べると、PMSの認知度は低く、PMSだと認識していた人は半数程度だとの報告も。
症状が重いのにもかかわらず、治療を受けずに悩んでいる人もたくさんいるようです。

shutterstock_404104012

あなたはPMS?

PMSの症状は200種類以上言われており、身体的な不調から精神的な不調までさまざまです。
典型的なPMSの症状をいくつか紹介しますので、チェックしてみましょう。

精神的症状

・イライラしたり怒りっぽくなったりする
・涙もろくなる
・憂鬱な気分になる
・精神定期に不安定になる
・落ち着かず集中できなくなる

身体的症状

・乳首の張りや痛みがある
・手足や顔にむくみがでる
・体重が増える
・眠くてたまらなくなる
・頭痛がある
・お腹の張りや痛み、便秘がある
・疲れやだるさがある

上記の症状が月経の1週間ほど前から表れ、月経が終わると消える場合はPMSかもしれません。
個人差はありますが、症状は身体的な不調より精神的な不調を感じる人が多いようです。
また、PMSがある人は、月経痛が重い月経困難症を伴うことも少なくありません。
このような場合は、月のおよそ半分を月経にかかわる不調を抱えながら過ごすことになります。

PMSはなぜ起こる?

PMSが起こる原因は女性ホルモンです。女性ホルモンに何か異常が起きてるからではなく、実は正常に動いているからこそ起こっている症状なんです。
女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

月経が終わってから1週間ほどすると排卵が起こり、排卵後、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンを多く分泌し始め、増加。
PMSが起こる詳しいし仕組みはわかっていませんが、プロゲステロンの増加が関係していると考えられています。
プロゲステロンには水分を溜め込む働きがあるため、むくみや乳首の張り、便秘などの症状が出やすくなるのです。
月経が始まると、プロゲステロンの量が一気に減るため、症状はなくなります。

shutterstock_246702808

また、排卵後はエストロゲンの分泌量が減るため、脳内で働く神経伝達物質(セロトニン)の働きが低下。セロトニンが増えると、人は幸せな気持ちになるといわれていますが、減少すると不安や憂鬱、精神的に不安定な状態になってしまうのです。
さらに、血糖値を下げるインシュリンというホルモンの働きが弱くなります。インシュリンの働きが弱くなると、血糖値が上がりやすくなるため、普段より多くのインシュリンが必要に。血糖値をあげようとすると、甘いものを食べたくなったり、眠気を感じたり、集中力が低下したりします。

なぜPMS症状は人によってさまざまなの?

女性ホルモンが正常に働いているから起こるPMS。では、なぜPMSの症状が出る人と出ない人、症状が重い人と軽い人がいるのでしょうか。原因は女性ホルモンの波と考えられています。女性ホルモンは月経周期に合わせて、上下に変動。その変動に弱い人がPMSの症状が出やすい人だといわれています。また、症状の重さは3つの原因が考えられます。

・ストレス
PMSになるとセロトニンの減少で精神的に不安定な状態に。そんなときに、仕事や人間関係などのストレスが加わると、PMS症状が強くなります。この時期には、「PMSの時期だから」と気持ちを割りきることで楽になるケースも多くあるので、無理しすぎには気をつけましょう。

shutterstock_378413146

・食生活・嗜好品の摂取
食生活が乱れている人や、お酒やタバコなどをよく摂取している人は症状が重くなりがちに。PMSの時期は低血糖になりやすく、お酒を飲むことで低血糖にさらに拍車をかけてしまいます。タバコ、コーヒーなどのカフェインやインスタント食品、塩分の多い食べ物もPMS症状が強くなります。これらを我慢しすぎてストレスに繋がるのも良くないですが、摂取のしすぎは気をつけましょう。

・鉄分不足
体内の鉄分が不足することで、体に疲れが出やすくなります。女性は定期的に月経になるため、出血による鉄分が不足。PMSが重くて病院にくる人は潜在性鉄欠乏性貧血であることが多く、血が少なくなっている状態です。潜在性鉄欠乏性貧血はイライラや憂鬱、頭痛、眠気などの症状があるため、PMSで起こる症状に上乗せされて余計重く感じるのです。

まとめ

PMSの症状はさまざまですが、当てはまるものはありましたか?症状が重い人は、思うように仕事もできず社会生活に支障が出る人も。ストレスを溜め込まず、家族や周囲の理解も得ながら、考え方や生活を見直すことも大切ですね。

  • マカサプリ
  • 葉酸サプリ

人気の記事