妊娠発覚! 出産までにかかる費用はどれくらい?

妊娠が確定し、母子手帳を手にするといよいよ母になる覚悟が整いますよね。まだ見ぬ赤ちゃんに思いをはせながらお腹をさすり、優しく話しかける日々を過ごしているプレママも多いのではないでしょうか。

名前を考えたりお部屋を改造したりと赤ちゃんを迎えるための準備をしていく中で、忘れてはいけないのが“お金”のこと。
妊娠したらすぐに産院へ通いますが、妊婦定期健診や出産時の費用入院に関わるお金って一体いくらかかるのか把握しているという方は少ないと思います。ほとんどの女性が「自分や家族の妊娠を機に国の仕組みや補助金の存在を知った」というのが現状です。

幸せな妊婦生活中にお金にまつわるムダな心配をしなくていいように、必要な知識と知っていると得する情報を身に付けておきましょう。病院選びのヒントや準備すべき金額のヒントにつながるはずです。
まずは妊娠期間中に必要になるであろうお金から見ていきましょう。

   

妊婦健診費用

妊婦健康診査は自費診療なのですが、各自治体で検査費用の一部を助成する制度があり基本的に費用はかかりません。妊娠が確定し母子手帳が発行される際に、出産までに必要なの14回分の妊婦検診チケットがもらえます。母子手帳を手にするのは妊娠が確定したあとなので、妊娠したかな…とはじめて受診する時は5,000円~10,000円の費用が必要です。
初診の予約を問い合わせる電話で、おおまかな金額を教えてもらうといいですね。

~検診チケットで毎回受けることができる基本的な検査項目~
 1.健康状態の把握 妊娠月週数に応じた問診・診察等など
 2.検査計測 子宮底長・腹囲測定・血圧測定・体重測定・尿検査
 3.保健指導 母親学級・沐浴指導など

   

各種検査代

妊娠週数に応じて順に実施される検査があり、こちらも助成金にて受けることができます。

1回目の検診にて検査(妊娠初期)・・・血液型・間接クームス・血色素・梅毒血清反応・B型肝炎抗原・C型肝炎抗体・HTV抗体価・風疹HI抗体・HTLV-1抗体・血糖検査
6回目頃検査(26週頃)・・・貧血
7回目頃検査(28週頃)・・・性器クラミジア検査
8回目頃(30週頃)・・・貧血、血糖、超音波検査
10回目頃(34週頃)・・・B群溶血性レンサ球菌検査
12回目頃(37週頃)・・・超音波検査

検査項目の多さに驚いてしまうかもしれませんが、1度の血液検査でたくさんの種類を調べることができるので安心してくださいね。
こうして見てみると日本の行政がどれだけしっかりと妊婦と赤ちゃんを大切にしているかを実感します。つわりと戦い大きなお腹を抱えての通院は大変ですが、母子の健康を見守るためにしっかりと検診を受けましょう。

妊娠中の引っ越しや里帰り出産をする場合も、都府県をまたいで助成金を受け取ることができるシステムがあります。妊婦検診や各種検査費用について各都道府県のホームページなどに案内がありますので、領収証をきちんと保管の上問い合わせてみてください。

   

マタニティグッズ

妊娠中、つい買ってしまいたくなるマタニティグッズ。特別な時期だからこそ必要な物ですが、これからはじまる赤ちゃんとの生活を見据えて厳選することをオススメします。

たとえばお腹が大きくなるにつれて寝る体制で困ってしまう…そんなプレママの救世主的存在、抱き枕。肌触りの気持ちいいものや癒しの動物をモチーフにしたクッションなどたくさんの種類がありますが、産後の授乳にも活躍しそうな機能がついたものなら一石二鳥です。数か月後を想像しながら楽しく選んでください。

下着にも同じことが言えます。産後にも使いやすいデザインを選んだり、最近では主流になりつつあるスポーツブラをサイズアップして活用するなど、少しの工夫で出費を最低限に抑えることができそうですね。

母乳パットなどの消耗品は産院や赤ちゃんグッズを取り扱うお店などでサンプルの配布をしていることもありますので、うまく活用して自分に合うものを探してみましょう。

   

入院グッズ

こちらはお産に望むすべての女性が検索しているのではないでしょうか。
いざ出産に挑むための大切な準備、どれくらいの予算で揃うのか気になるポイント。出産する産院によって、必要最低限の入院セットを安く販売していることもあります。私も3,000円ほどで買いましたが、使い捨てのガーゼ・母乳パット・産後の悪露用ナプキンなどなど余るほどたっぷり入っていましたのでとてもお得に感じました。検診の際に助産師さんに詳しく聞いてみると安心です。

今の時代はネット通販もスピーディーに届きますし、ドラッグストアの品揃えも豊富。必要かどうか迷ったら産後に買うこともできるので、慌てすぎなくてもいいのでは、と考えます。

参考:厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/topics/2009/03/tp0327-1.html

参考:東京都保健福祉局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/shussan/kenkou/syussan.html

参考:ふくおか子ども情報
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kodomo/childcares/detail/71.html

   

入院・出産にかかる費用

臨月を迎えいよいよ出産…続いては出産のための入院や出産費用について、具体的にどれくらいの金額が必要なのか掘り下げてみましょう。

まず知って欲しいのが地域により大きな差があるということ。
日本で一番出産費用が高いと言われている東京都と、一番安いと言われている鳥取県では数万円~数十万円もの違いがあるのです。そのため一概にいくらという具体的な金額を提示することはできませんが、病院によっての特性を知ったうえで産院を選ぶ目安にするといいと思います。

   

総合病院や大学病院での出産費用

一般的には一番安いとされているのが総合病院または大学病院への入院です。
普通分娩・予定帝王切開での出産の場合は約40万円~50万円の入院・出産費用がかかります。個室を希望した場合では1日あたりの追加料金が発生します。病院着をレンタルする際の費用やTVカードの代金などは別途加算されますので、入院前に調べておきましょう。

   

個人病院(クリニック)の場合

陣痛から出産までを一つの部屋で通せるLDR出産が叶う設備があったり、美味しい食事にエステ、ホテルのようなおもてなしがあったりと、充実したケアを夢見て産院を探すママも多いと思います。都市であるほど選択肢も広がるためさまざまなサービスで人気を集めているクリニックもあるようですが、やはりそれなりの金額が必要になるようです。
ホームページや電話による問い合わせにて詳細を教えてくれますので、希望する方は早めの行動が吉。サービス内容に対して金額がお得というクリニックは分娩予約が取りにくい状況もあるようですので、思い悩む前にまず情報収集ですね。

   

助産院や自宅出産にかかる費用

家族や兄弟に囲まれて出産したいという希望から、増えつつある助産院や自宅での出産。一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
こちらも地域差がありますが、一般的に40~45万円ほどの助産院が多いようです。離島で暮らしているなどの理由から助産院での検診の後、出産だけは総合病院でというケースもあり、事前に詳しく調べておく必要がありますね。

近年希望する女性も増えてきている無痛分娩も、追加料金を支払えば可能な病院もあります。地域差はあると思いますが福岡の産院では約50,000円ほどのプラスでできるようです。

産院選びでおおまかな金額がわかりますが、出産は予定通りに進まないことも。母体の状態によって早くから入院することになったり、普通分娩が帝王切開に切り替わったりと色々なケースが考えられます。不測の事態に備えて気持ちとお金に余裕が持てるように準備しておきたいですね。

参考:多摩総合医療センター
http://www.fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp/about/department/oandg/other/sanka03/

参考:ベリエの丘クリニック
http://belier-cl.jp/price/price1.html

参考:しぶや助産院
http://www.shibuya1103.jp/practice.html

   

出産費用は誰が出す? 補助金にはどんなものがある?

妊娠したとたんに出産費用について不安になったというママ、実は少なくないようです。たしかに嬉しい反面、これから仕事も休まなくてはいけなくなるのにお金どうしよう…と心配ですよね。

基本的な出産に関わる費用は国から支払われます。“出産育児一時金・出産手当金”といい、その額赤ちゃん1児につき42万円。双子なら84万円となります。
妊娠するまで出産に国からの手当を知らなかったという声は意外に多く、そのせいで妊娠を手放しで喜べず悩んでしまう例もあるようです。みなさんが安心してママになれるように、国・都府県・市町村のケアをしっかりと受けてくださいね。

出産育児一時金の42万円を基準にして産院を探してみると、プラスの手出しがいくら必要になりそうか予想できますよ。
オーバーしてしまう費用を両親から出産祝いとしてプレゼントしてもらった、なんて羨ましいエピソードを聞いたこともあります。本来は新しい家族を迎えるための最初の出費ですから、パパとママ2人でキチンと準備できたら本望ですね。
ちなみに福岡県内の大学病院で出産した私は個室利用したにも関わらず42万円以下で済みました。贅沢な食事は味わえませんでしたが、まさかお釣りがくるなんてびっくりでした。

忘れていけないのが“医療費控除”です。
妊娠と診断されてからの定期検診や検査などの費用や通院費用は、医療費控除の対象です。通院にかかった費用は領収書を保管し、家計簿などに記録しておきましょう。急な破水や陣痛でタクシーに乗って病院へ向かった場合も医療費控除の対象ですので覚えておくといいですね。
また医療保険に加入している女性は、帝王切開は手術の対象となりますので、産後に保険金の申請をしましょう。

参考:全国健康保険協会
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/senpo/g3/cat310/2096-118588

参考:国税局
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1124.htm

   

海外で出産するなら?

国際結婚をして海外へ移住し出産するケースと、一時的に海外へ行き出産するケースとでは妊娠~出産にかかる費用に違いがありますが、日本で産むのとどういう違いがあるのでしょうか。

たとえば最近芸能人の出産などでも注目を浴びるハワイでの出産。生まれた子供がアメリカの国籍を取得することができるということからも人気があるそうです。
しかしアメリカでは保険がないと出産にまつわる治療や入院でも医療費が自己負担となり、かなり高額な出産費用がかかります。出産のために3ヶ月滞在するとして、滞在費・渡航費を含めざっと見積もってもなんと約400万円。また産後は通常1日で退院であったり、手続きが複雑だったり、デメリットもたくさんあります。
ハワイで最高の出産を…なんて素敵な夢を現実にするためには、保険制度や医療機関についてしっかりと下調べが必要ですね。

両親が海外在住で渡航しての出産のママも、その国によって妊婦検診や出産にまつわる制度がありますので事前準備が大切。
キャサリン妃の出産で話題になりましたが、国によっては母子ともに健康であればお産翌日に退院させられるのが普通なようです。産後の体調不良や赤ちゃんのお世話の仕方が何もわからない状態ですぐに退院なんて、自分の産後を思い出すと驚きます。互いの両親の協力体制やその国の行政ケアの有無なども含め、事前調査が絶対条件ですね。

はたまた”産後ケア世界一”と言われる韓国での出産のように、母体と赤ちゃんのお世話が行き届き、のんびりと回復できる施設がたくさんある国もあります。
海外出産ならではの、魅力的なポイントとリスクを広い視野で捉えて考えてみてください。

日本語を話せるスタッフがいる施設ならどれだけ安心できることか。下調べと医療提携がしっかりしていたら、人生の一大イベントを海外で迎えることも可能です。気になる補助金も、出産後にママが日本に帰国し申請すれば、出産育児一時金の受け取りも可能なので、お住いの自治体に問い合わせを。要書類や申請期間などの決まりがありますので、渡航前に役所にて必ず相談しておきましょう。

結婚妊娠出産も、夢見る気持ちの裏で必ずお金が動きますよね。
日本では妊産婦が安心して出産・育児ができる環境が整っています。気になるお金の情報をたくさん知れば、自然と不安から解消されると思います。
かわいいかわいい赤ちゃんの準備をめいっぱい楽しんでください。

  • オリゴ糖
  • 葉酸サプリ

人気の記事