マタニティスイミングとジムのプール使用との違い

妊娠中は、体調面や精神的にも不安になることが多く、運動はしたいけどいざするとなるとどんなことができるのか?など考える妊婦さんも多いかもしれません。
妊娠中にできる運動は以前ご紹介したように、ウォーキングマタニティヨガなどさまざまありますが、そのなかでも今回は、特に人気の高いマタニティスイミングについてお話ししていきましょう。

そもそもマタニティスイミングと、普通のスイミングの違いとは何なのか?
マタニティスイミングとは名前の通り、妊婦さんでもできる水泳のこと。
マタニティスイミングを行っているプールには安全のため助産師さんや看護師さんがいることも多く、プールに入る前には体温、脈拍、血圧を測定してくれるので安心して運動することができます。

実際に運動する内容は、水中でエクササイズをしたり、音楽を聞きながらリズムに合わせて水中で軽快に体を動かします。イメージとしては、水中で行うエアロビクスというとわかりやすいかもしれません。アクアビクスというメニューで行っている施設もあり、音楽に合わせて体を動かすことにより、ストレス解消にもなりそうですね。

そしてこのほかには、クロールや背泳ぎなど普通の水泳と同じように本格的な泳ぎをするところも。水泳が得意でない方は不安に感じるかもしれませんが、しっかりと一から教わることができるのでご安心ください。また、施設にもよりますが、股関節に負担がかかる平泳ぎはプログラムに含まれていないことが多いようです。

では、一般のスポーツジムではどうでしょう。
普通のジムでは妊娠中に適した泳ぎを教わるわけではないので、万が一体調に変化があった際にはとても危険です。

しかし、マタニティスイミングを行っているプールでは妊婦さんに安全な泳ぎ方をレクチャーしてくれますし、ほとんどの施設では助産師さんや看護師さんが常駐しているので安心ですね。水泳をする場所についても、一般のかたと場所が分けられていることが多く、安全に水泳を楽しむことができます。
そして、同じくマタニティの方たちとのコミュニケーションや情報交換の場にもなるのでご自身の不安やストレスの解消になるのではないでしょうか。

   

マタニティスイミングはいつからいつまでできる?

本格的な水泳と同じように泳ぐとなると、気になるのはマタニティスイミングができる時期についてですよね。
これは、妊娠中に行うどの運動にも言えることですが、基本的には安定期に入る妊娠16週目以降からが可能です。マタニティスイミングを行っている施設でも妊娠16週目以降が参加条件になっていることがほとんど。
施設によっては妊娠の経過を証明する書類が必要な場合もあります。初めて行う際には必ず医師に相談の上、許可を得てから始めるようにしましょう。

いつまでできるかということについては特に決まりがなく、ほとんどが出産直前まで続けることができます。だいたいは初産婦なら臨月ころまで、経産婦なら妊娠後期半ばころに終了する場合が多いようです。

ただし、これについても体調の変化や妊娠経過によってさまざまなので医師と相談して決めることをオススメします。

   

体重管理? リラックス? 安産? マタニティスイミングの効果とは

私は妊娠中、つわりの時期が過ぎると急激に食欲が増して驚く速さで増量し、「体重管理をしっかりしましょう」と医師に注意された経験があります。出産された多くの方は経験したことがあるかもしれません。
日に日に増していく食欲を我慢することは、かなりのストレスですよね。もちろん食べる量を少し制限することも大切ですが、運動で体を動かして体重管理をするほうが健康的ですしストレスも発散できます。

マタニティスイミングは浮力を活かして体への負担を軽くしながらも、効果的に運動することができます。水中なので、楽に動けていると感じていても、水圧を受けての運動量は相当なもの。妊娠期間中の運動不足の解消や体重管理、出産に向けての体力づくりとしてもオススメの運動です。また、水中での全身運動なので肩こりや腰痛改善むくみの解消にも効果があります。

マタニティスイミングでは、ただ水に浮かぶだけのフローティングを行います。
これはうつ伏せに浮いたり、浮き具を使って仰向けに浮いたりすること。何も考えずにただただ水に身を任せて浮かぶことで、かなりのリラックス効果が得られることでしょう。
音楽に合わせて水中で体を動かすアクアビクスも、ストレス発散できるのでぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

また、ほとんどのマタニティスイミングで行うのが呼吸の練習。呼吸法は出産時のいきみにとても役立つので多くの妊婦さんにオススメ。
実際に私はマタニティスイミングを体験したことはありませんが、マタニティヨガをしていたことで呼吸のコントロールがしやすくなり、出産時にとても助かりました。呼吸には精神を落ち着かせる役割や、陣痛の痛みを和らげる効果があるので、妊娠中にぜひ身に付けておくとよいでしょう。呼吸が安定することで安産効果も期待できます。

   

大きいサイズで代用可? マタニティ水着はどうする?

いざマタニティスイミングを始めよう!と思っても、安定期の頃には少しずつお腹もふっくらし始めているし、普通の水着ではだんだんと対応できなくなってますよね。ではマタニティ用の水着はどんなものを着用すればよいのでしょうか。

大きいサイズの普通の水着でも代用はできますが、お腹周りの締め付け具合や動きやすさなどを考えると、マタニティ専用の水着がよいでしょう。マタニティ水着として販売されているものは、お腹周りが苦しくないように作られているほか、お腹が冷えないような設計になっているのが特徴です。

これからどんどんお腹が大きくなっていくことを考えるとワンピースタイプよりも、着替えやすいセパレートタイプがオススメ。

 
今は可愛いものから、シンプルでオシャレなデザインのマタニティ水着も発売されているので、ぜひお気に入りのデザインを見つけてみてくださいね。

   

マタニティスイミングの注意点


運動不足の解消や、ストレス発散などさまざまなメリットがあるマタニティスイミング。では逆にデメリットや注意点はどんなことがあるのかも気になるところですね。
前述の通り、マタニティスイミングを始める前には妊娠の経過が良好であるかどうかと、医師による許可が必要です。施設によってはその診断書が必要な場合もあるので、しっかりと医師に相談の上始めるようにしましょう。

この他にも、注意点として

・万が一に備えて助産師や看護師が常駐している施設であるか
・水温は29℃~31℃であるか
・食後2時間以上たっているか
・準備運動と整理運動はしっかりと
・泳ぐ時間は1日に1時間ほど
・プールサイドでの転倒に気を付ける

など。

妊娠中は体調の変化が起こりやすいので、気分が悪くなったりしたらムリをせずすぐに中止するようにしましょう。

   

口コミや体験教室でお気に入りの教室を見つけよう

いろいろなメリットがあるマタニティスイミング。
私自身もとても興味がわいたので、もしもまた妊娠する機会があれば、今度はぜひチャレンジしてみたいなぁと思いました。周りでマタニティスイミングをしていた友人も何人かいましたが、やはり水中での有酸素運動は想像以上にカロリーを消費するのか、彼女たちはみんな一度も体重管理で注意されたことはないそうです。確かに見た目にもスマートな妊婦さんでした。体重管理のほかにも、水中はリラックス効果も高まるので精神的な安定が得られるのも魅力的ですね。

マタニティスイミングを行う施設は限られているので、まずは近所でできるスクールやジムがあるか調べてみましょう。実際に通っている友人がいれば話をきいてみると安心ですね。もしくは体験レッスンが受けられるのであれば、実際に受講してみましょう。自分に合う運動なのかそうでないかは体感するのが一番。

楽しみながら、素敵なマタニティライフをお過ごしくださいね。

  • オリゴ糖
  • 葉酸サプリ

人気の記事