妊婦は温泉に入っても大丈夫?

妊娠中の温泉は禁忌…そんなイメージが残っている方多いのではないでしょうか。
私もそう思い込んでいて、妊娠中の温泉旅を諦めかけていたひとりです。真実を知った今でさえ実際に温泉浴場で妊婦さんを見かけることは少なく、まだまだ誤解が解けていないのではと想像します。結論から言いますと、妊娠中も温泉への入浴は可能です。ただし…と妊婦ならではの条件が付きますので、その辺を詳しく見ていきましょう。

まず“妊婦の温泉=禁忌”というイメージが定着してしまった理由は、温泉法が原因だと思われます。
環境省が定める温泉法により、妊娠中(とくに初期と後期)が禁忌とされたのは1982年のこと。その後再検討が行われないまま長い年月が流れ、専門家からは見直しを求める声が上がっていたのです。検証の結果、妊婦が温泉に入っても医学的に問題ないことが判明し、2014年、温泉法が32年ぶりに見直されました。

そもそも温泉が禁忌とされた理由もはっきりしておらず、外国の文献や俗説を参考にした可能性があるという曖昧なもの。きっと初期はつわりで衰弱していて後期は出産間近、温泉に入ると長湯をしがち…という妊婦の身体を気遣い思いからできた禁忌事項なのでしょう。温泉法の改正から数年経過した今も“妊婦禁忌”の看板が残っている温泉もあるようですが、泉質により異常をきたすという心配は無用です。

もう一つ不安なのは感染症。温泉地や公衆浴場などでの感染が怖いイメージがあるかもしれません。入浴によって外陰・腟・子宮の感染につながることはないと考えられています。公共のトイレを使用する時と同じように、脱衣所なども清潔に気を付けて利用すれば安心ですね。

参考:環境省 温泉法第18条第1項
https://www.env.go.jp/nature/onsen/docs/shinkyuu.pdf

参考:日産婦医会報
http://www.jaog.or.jp/sep2012/JAPANESE/jigyo/TAISAKU/kaihou/H22/H22-02.htm

   

温泉入浴を避けたい時期は?

温泉浴OKといっても、妊娠初期から後期までいつでも入浴可能なのでしょうか。一般的な温泉では“絶対に禁止”という時期はありませんが、泉質によってはまれに妊娠初期と後期を避けるように表記されている場合があります。入浴前に確認するようにしましょう。

妊娠初期の1~4ヶ月(妊娠4~15週)はつわりの時期で、吐き気や眠気など多種多様な妊娠初期症状を抱えている可能性高し。この期間に特別入浴が禁じられているわけではありませんが、食が細くなっているとのぼせやすく、ふらついてしまう心配があります。時間を短めにして様子を見たり、こまめに休憩をはさむなどして温泉を楽しみましょう。
妊娠すると体温が高くなりますので、湯冷めにも気付きにくいかもしれません。急激に冷やさないようにするなど、湯上りのケアも入念にしておくと完璧ですね。

安定期と呼ばれる、妊娠5~7ヶ月(妊娠16~27週)このゾーンが一番温泉を楽しめるはずです。体調が安定し赤ちゃんの成長も実感できるので、気持ちもアクティブになっているママが多く、この時期の温泉旅行が人気なのもうなずけます。初期と同様、水分補給に気を付けて楽しんでください。

経験上、実は一番温泉欲が高まるのが妊娠後期8~10ヶ月(妊娠28~39週)です。とにかくお腹が大きく重いので、水中で重力から解き放たれる幸せが癖になってしまう方も多いかもしれません。
私は普段からお風呂嫌いでシャワー派だったのですが、臨月ともなると「一日の一番の楽しみがお風呂」というくらい救われていたのを鮮明に覚えています。ただし妊娠後期の入浴こそ、もっとも注意が必要です。
まずお腹の膨らみで足元が見えにくく滑りやすいので、温泉浴場での移動は一歩一歩ゆっくりと踏みしめることが大切。泉質により滑りやすかったり、ゴツゴツとした石畳があったりとかなり注意が必要です。特に夜の露天風呂では足元が見えづらいので、手すりを利用するなどして安全を確保してくださいね。また妊娠後期は脈拍が高まっている方も多く、とてものぼせやすい状態になっています。こまめに休憩しクールダウンすることを心がけましょう。

妊娠中は早めの休憩水分補給、そして転ばないようにゆっくり歩く。
いつもより少し気をけつることで、マタニティでも温泉浴が楽しめますね。

参考:岩永レディースクリニック
http://www.iwanaga-ladiesclinic.gr.jp/pg634.html

   

サウナや岩盤浴は大丈夫?

サウナの最大の目的とは、汗をかくことですよね。
妊娠中に急激に汗をかくことは脱水症状を引き起こす危険性があるので、厳重に注意しなければなりません。貧血・のぼせ・血圧変動など、予期せぬ事態を招きかねないので妊娠中のサウナはやめておきましょう。

寒い季節に身体を芯から温めてくれる岩盤浴、妊娠中はやはり禁忌なのでしょうか。
岩盤浴に関しては、色々な見解が寄せられています。短時間なら身体を温めるのに効果的という考えもあり、最近では岩盤浴の施設があるレディースクリニックなんて素敵な情報も。
しかし妊娠中は「血液量が増え血管が拡張している」ということを忘れないでください。普段より体調に変化が起きやすいことを念頭に、自己責任で楽しめる程度に入浴してください。

   

温泉に入る時の注意点

2014年に温泉法が改正され妊婦の入浴がOKとされましたが、温泉の種類によっては注意すべき点もあります。
銭湯やスパランドなど、公衆浴場などではよく循環水のシステムが利用されています。温泉の入口から出口である排水口までの清掃が行き届いていないと、レジオネラ菌という細菌が発生してしまうことがあるのです。定期的な配管洗浄で清潔を保っている施設かどうか、表示されている施設だと安心ですね。
妊娠中は皮膚も体内も神経も、身体全体が敏感になっています。
いつもよりワンランク上の気配りをするようにしてください。

   

マタニティプランを活用して快適で楽しい旅を!

最近は安定期に入ってからのマタニティ旅行「マタニティプラン」が人気です。
森林浴や潮風を浴びてパワーチャージ、美味しい食事もお部屋でゆっくり…なんて素敵なプランもたくさん。妊婦さんに嬉しい優しい、お部屋にかけ流し温泉が付いているプランが大人気のようです。お風呂までの移動が少ないので身体の負担もなく、人目を気にせず好きなペースで心ゆくまでお湯を楽しめそうですね。

お宿によっては抱き枕やゆったりの部屋着を準備しているところもあり、至れり尽くせり。
生ものを避けて欲しかったり、アレルギーの有無など事前に相談して対応してもらえる場合もありますので、計画の際に細かく確認してみましょう。
マタニティパジャマの貸し出しがない時や、お腹の膨らみ具合により浴衣がツライかもしれない時は愛用のパジャマを持参しましょう。
湯冷め予防のブランケットや妊娠線対策の保湿クリームも忘れずに。

急な体調の変化に備えて、母子手帳健康保険証も必要です。旅行の計画の際にかかりつけ医に相談し、処方薬があればきちんと服薬。旅先の産院の場所や連絡先も調べておくといいですね。
妊娠中の旅行は急激な身体の変化により、思いもよらないことに時間がかかってしまうかもしれません。スケジュール半分のような気持ちで、ゆったりと計画してみるのをオススメします。

我慢や制限も多い妊娠期間、たまにはゆったりと温泉につかって身も心もほぐしてくださいね。

  • オリゴ糖
  • 葉酸サプリ

人気の記事