出産を控えたママの味方! 陣痛タクシーとは?

いつでもどこにいても、安心して安全にお産に臨みたい。多くの妊婦さんがそう考えるのではないでしょうか。
しかし、陣痛破水というのは赤ちゃんの意思でやってくるもの。いつどこで起こるかなんてまったく予想できないものです。陣痛が始まったとき、必ずパートナーや家族の誰かがそばにいるとは限りませんよね。もしも一人だった場合にはどのようにして産院へ行けばよいのか。心配なのが交通手段についてです。

その不安を解消する、陣痛タクシーというサービスがあるのをご存知ですか?
これは、出産を控えた妊婦さん専用のタクシーの配車サービス
今や出産を控えた多くの妊婦さんが登録しているといわれる陣痛タクシー。
どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、緊急を要するお産でない限り陣痛や破水で救急車を呼ぶことは避けなければなりません。しかし陣痛が始まったときに一人だった場合、自転車や電車での移動もなかなか難しいですよね。そうなると、一番利用しやすいのがタクシーです。しかし一般のタクシーは、妊婦さんの乗車拒否をすることがあるそう。陣痛がおこってから配車サービスを依頼してもスムーズに来てくれるとは限りません。

そんな、出産を控えたママたちの不安要素を解決してくれるのが陣痛タクシーです。
陣痛タクシーは、事前登録の情報をもとに優先的に自宅まで迎えに来てくれます。そのため利用方法としては、陣痛タクシーを提供している各タクシー会社のホームページから事前に必要事項を登録するというもの。
各会社によってはマタニティタクシーママサポートタクシーという名前で紹介しているところもあります。
これらの登録完了までには数週間を要するタクシー会社もあるので、早めに登録しておくことをオススメします。
登録したら必ず利用しなければいけないということはないので、万が一に備えて登録しておくと安心ですね。

   

ママに嬉しいサービスの内容

陣痛タクシーには、混雑時にも優先的に配車してくれるというメリットがありますがほかにはどのようなものがあるのでしょうか。

基本的に多くの会社で行っているのは、破水に備えて防水シートが座席に敷かれていること。防臭抗菌された車内であること。
妊娠中は匂いや衛生面にも敏感なのでこれはうれしいポイントです。
このほかにも、陣痛の妊婦さんの送迎講習を行ったドライバーのいるタクシー会社もあります。
また、ある会社では登録してくれた妊婦さんに向けて出産や育児に必要なグッズや子供の事故防止情報などをまとめたマタニティギフトなるものをプレゼントしてくれるそう。なんともうれしいサービスですね。

また、妊娠中に限らず、産後の定期検診赤ちゃんの乳児検診にも利用できるタクシー会社もあります。
産後、赤ちゃんを連れての外出はまだ慣れないうちはとてもドキドキしてしまうもの。そんなママの状況を分かってくれているだけでも安心して利用することができそうですね。

タクシー会社によってさまざまなサービスやギフトがあるようです。
いろいろな会社のサイトを見て、自分の希望に合った陣痛タクシーを見つけてみてくださいね。

   

陣痛タクシーを利用するには?

陣痛タクシーを利用するには、まず事前登録が必要です。かかりつけの産院や出産予定日などの必要事項を入力し登録します。
タクシー会社に関しては、自宅の近くにある会社や、地元でよく見かけるタクシーだと安心ですね。
前述の通り、サービスやギフトは各会社さまざまなので気になる方はいろいろ比較したうえで登録するとよいでしょう。

実際に陣痛が来た際には、まずは産院へ電話を。来院してくださいと指示があったら、準備していた荷物をまとめて、登録しているタクシー会社へ電話をし迎車を依頼しましょう。

私も出産時に実際に利用しましたが、電話をしてから5分足らずで、マンションの部屋の前までドライバーの方が迎えに来てくれました。まとめていた荷物も全部持ってくださって本当に助かりました。陣痛の痛みに耐えている時間は、1分が10分にも感じてしまうので、この早い対応はとても心強かったです。

   

オススメの陣痛タクシーは?

まずはご自身の出産する産院やご自宅の近くで探してみることをオススメします。
たとえばサービスだけで選んでも、そのタクシー会社がほとんど近所を走っていなければ、実際にお迎えに来るのに時間がかかってしまう可能性も。各都道府県によってタクシー会社も異なるので、一番なじみのあるタクシー会社からまず調べてみるとよいでしょう。
それ以外では、マタニティギフトなどのサービス陣痛タクシー専用車口コミ友人からのアドバイスも参考になりますね。
または、全国子育てタクシー協会なるサイトもあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

陣痛タクシーは24時間年中無休です。料金に関しては普段利用するタクシーとほとんど変わりません。走行距離に対しての金額に、迎車代として数百円プラスされる程度。ただし普通のタクシー同様、ほとんどの会社が深夜・早朝は割増しになります。

陣痛タクシーの登録は無料です。自分の希望や、場所に見合うタクシー会社を考慮したうえで登録するのが安心ですね。

参考:全国子育てタクシー協会
http://kosodate-taxi.com/member/

   

実体験! 私が利用した“陣痛タクシー”はこうでした

私がお産する時はまだ周りに実際に陣痛タクシーを利用した友人がいなかったので、妊娠中に自分でいろいろなタクシー会社を検索してみましたが、そのころはマタニティギフトや、特化したサービスなどはほとんどなかったように思います。
ですので、選ぶ基準としては自宅の近くでよく見るタクシー会社であることと、営業所が近くにあるかどうかに絞ることに。

始めは1つだけ登録していましたが、陣痛が起きた時にもしもそのタクシーが来なかったらという不安を感じて、念のために2箇所に登録。実際に使ったのは最初に登録したところでした。

実際に陣痛が起きたのは夜中の2時頃でした。さぁ寝ようと思った矢先にお腹を下した時のような痛みがやってきたのでトイレへ行き、しばらくすると治まったので「夕飯食べ過ぎたかなぁ」くらいの気持ちで再び布団に入って寝る準備を。
するとまた同じ痛みがやってきたので完全にお腹を下したものだとばかり思っていました。始めは、痛みの感覚が15分おきにあり、布団に戻る余裕もあったのですが、徐々に痛くない時間がほとんどなくなってきたときにやっと「これ陣痛だわ!」と気が付きました。
私の場合、痛みに鈍感なのかもしれません。多くの妊婦さんはもう少し早い段階で陣痛に気が付くと思います。

気付いた時には陣痛は5分間隔でおきており、急いで出産する病院に電話をしました。症状と陣痛の間隔を伝えると「それは陣痛ですからすぐに来てください」とのこと。
ここで早速登録したタクシー会社へ電話を。5分もしないうちに迎えに来てくれてスムーズに利用することができました。

陣痛タクシーというだけあって特別な車で来るのかと思いきや、実際に乗ったタクシーは、普通のタクシーの座席に防水シートが敷いてあるというだけだったことがとても衝撃的でした。
乗車後、産院の場所はすでに事前登録済みなので陣痛の最中、痛みに耐えながら道案内をする必要がなくスムーズについたことはとても助かるポイント。

その後無事に産院へ到着し、4キロ近い元気な男の子を出産いたしました。

私の場合、実際に利用してみてマイナスに感じたことは一つもなかったので、出産を控えた妊婦さんにはぜひ登録しておくことをオススメします。
利用しなくても、登録しておくだけで万が一のときに備えて心強い見方になってくれるのではないでしょうか。

   

安心してお産を迎えるために

いつどこでどんな時に陣痛が来るかは誰にもわかりません。常に万全の状態で産院に向かえるとも限らないのです。そんな時に焦ってパニックにならないためにも、妊娠中から準備をしておくことが大切。
活用できるものはぜひ有効的に活用しましょう。

心の安心は体にもつながります。妊娠中のママたちが安心してお産に臨めるよう、出産への不安を少しでも軽くするように、そんな想いからこれらのさまざまなマタニティサービスがうまれているのではないでしょうか。

いろいろな人、場所からたくさんのお手伝いを借りながら、素敵でハッピーなお産を迎えてくださいね。

  • オリゴ糖
  • 葉酸サプリ

人気の記事