こんにちは!はぐくみOGの盛です。

妊娠初期に感じる症状は様々ですよね。これまでと違う様々な変化を感じて心配を覚えるかたもいらっしゃるかと思います。

妊婦さんが悩む妊娠初期の変化の一つに”腰痛”があります。

お腹が大きくなる後期だと、腰痛を感じた妊婦さんは約半数になるのだそうですが、まだ見た目の変化の無い妊娠の初期から腰痛を感じて、

”何からの痛み?”
”なんで腰が痛くなるの?”

と不安に感じる場合もあるかと思います。。

妊娠初期の腰痛の原因とは?

shutterstock_180948074

妊娠初期の腰痛の原因は、後期でお腹が大きくなり腰などに負担がかかってくることで生じる腰痛とは異なります。

目に見えない変化ですが、実は「女性ホルモン」の影響なんです。

お腹の中で赤ちゃんを宿したその瞬間から、女性の体は妊娠を維持するため女性ホルモンの一種である「黄体ホルモン(プロゲステロン)」を活発に分泌させるようになります。

この黄体ホルモン(プロゲステロン)は、

・子宮の筋肉を緩ませて子宮の増大を助けたり
・乳房を大きくして乳腺の発達を促したり
・体温を高く保ったり

お腹の赤ちゃんを産み育むための体の環境を整えるホルモンですが骨盤周辺の関節を柔らかくして緩ませる働きもあるんです!

骨盤を支える関節が緩むことで、骨盤が歪んで腰全体のひずみにつながり、その影響で腰痛を引き起こしてしまうんです。

腰痛と流産の関係性は・・・?

shutterstock_446130718

腰の痛みが続くと、一番心配なのは”何か良くない兆候では・・・”と流産の可能性を想像した時かと思います。

腰痛だけが流産の兆候ということはありません。


ただし痛みの種類や平行して見られる症状によっては注意が必要です。

以下に当てはまるようなときは一度お医者様に相談してくださいね。

1)前かがみになってしまうほど強い痛み
2)出血がある
3)下腹部(子宮、足の付け根、骨盤周辺)まで痛みを感じる。


そして特に注意が必要な腰痛は、

●【下腹部がひきつるように痛み、そしてその痛みが腰へ移動する場合。】

この場合は特に緊急性のある痛みの場合もありますので、すぐにかかりつけの産婦人科を受診してくださいね。

知っておきたい腰痛の上手な乗り切り方

妊娠初期の腰痛は、腰全体のひずみからくる筋肉の痛みです。

shutterstock_160190339

一番簡単にできる、痛みの緩和方法は体を温めること!

冷えは痛みを悪化させます。

・シャワーではなくゆっくり湯船につかる習慣をつける。
・暖かい飲み物をとる。

など外からも内からも温める意識をしてくださいね。


また緊張している筋肉やその周辺を優しくマッサージすると痛みの緩和に繋がります。

そこで特にお勧めしたいのが、パートナーにしてもらう簡単マッサージ!

shutterstock_156622352

少し押してもらったり、さすってもらったりするだけでもセルフマッサージよりずっと気持ちいいものです。

しかも気心の知れたパートナーだからリラックスして受けられますし、あれこれと注文もしやすいと思います(笑)

パートナーの大きな手のひらで腰を包むようにさすってもらうだけでも、皮膚温が上昇して循環がよくなったりするので、筋肉の緊張も緩和されて痛みの緩和に繋がりますよ。


★マッサージを行う場合の注意点。
1)ゆっくり優しく
2)力を加減を確認しながら
3)相手の呼吸に合わせて

ママは横向きに寝ます。(妊娠初期は楽に感じる左右どちら向きでもOK。)

お尻の上~腰あたりまで背骨にそって、緊張をほぐすように親指で押してもらう。下から上にむかって優しく撫でる程度でOK。

受け手のママは、

1)体を締め付けない服装で
2)呼吸はゆっくり深く
3)入浴などで体を温めた後も効果的☆

パートナーとの触れ合いで気持ちの安心感にも繋がりますし、スキンシップ代わりにもなりますね。

お互い気持ちの良い箇所だけでも軽く揉み合いっこしたり楽しみながら出来るといいですよね。

腰痛ケアと一緒に骨盤ケアの意識もしてみて

胎盤が完成する12週~15週ごろまでには一度初期の腰痛が落ち着く場合が多いそうです。

ただ周期が進むと今度はお腹が大きくなって背骨周辺へ負担がかかることでまた、腰痛や骨盤周辺の痛みに繋がることがあります。

そのため妊娠中は続けて腰や骨盤のケアを心がけて過ごしたいところです。

というのも実は私、第1子妊娠時のお腹が少しぽっこりしてきた妊娠中期に、お尻の一番したあたり「尾骨」周辺の筋肉を激しく痛めた経験があるんです。

皆さんに当てはまることではないですし、痛そうな話になりますが参考までに・・・!

shutterstock_228884404

小型の冷蔵庫をかがんで開けた中腰の姿勢で大きなくしゃみをしたとたん、お尻あたりで「ぶちっ」という音がしたんです。

その瞬間に明らかに筋肉や健を痛めた感覚がしました。

中腰+くしゃみで一瞬変な力が入ってしまったんでしょうね、仙骨から尾骨とよばれるあたりが数日間本当に痛くて痛くて・・・。

病院に相談しても安静にする以外に対処方法はなく・・・。慌てて購入した骨盤ベルトを締めて、3日ほど寝て過ごして痛みは治まりましたが。

骨盤周辺の緩みや、お腹が大きくなってくる負担を甘く見ていたと深く後悔しました。

その日から出産までほぼ毎日、寝るときだけでも必ず骨盤ベルトを締めて下から支えてあげるように心がけて過ごしました。後期お腹を支える妊婦帯とダブルで使って、腰痛にあまり悩まむことは無かったです。


私的な感覚ですが、全体の体型に比べて腰が細いなーって方は、見た目でお腹が大きくなるより早めから”骨盤ベルト”でサポートするように注意した方が良いかもしれませんね。

お腹をサポートする妊婦帯と合わせて、産前産後も役立つ骨盤ベルトは本当におすすめです。

最近では、巻き方次第で汎用性も高く、使える時期も長くて、腰を暖める役割もかなう、”晒(さらし)”も見直されているようですし。

色んなタイプがあるので、お財布とも相談しながら用途や好みに合わせて一度チェックして見てくださいね。


健やかにマタニティライフが過ごせますように・・・☆