こんにちは。はぐくみOGの盛です。

赤ちゃんを育むマタニティ期間。
ホルモンのバランスが大きく変わるため、この期間だけに起こる気をつけたい身体のトラブルや病気があります。

そんな気をつけたい病気の一つ、「妊娠糖尿病」。

この病気はほぼ自覚症状がないまま進行してしまうんです。

気づきにくいからこそ、将来ママ希望の方、プレママさんの方に知っておいてほしいことがたくさんありましたよ。
「糖尿病」とは異なる「妊娠糖尿病」についてリサーチしました。

自覚症状がないので注意したい、定期健診を怠らないで!

妊娠糖尿病は、これまで糖尿病ではない人が妊娠をきっかけに糖尿病の状態になってしまうことをいいます。

糖質が消化されると、ブドウ糖に変わります。
ブドウ糖は血液中から全身の細胞に取り込まれて、主なエネルギー源として利用される身体に不可欠な成分です。また血液中のブドウ糖の量は「インスリン」とう成分の働きで一定の範囲内で糖の量がコントロールされているんです。


しかし、これは妊娠していない場合の話。

妊娠している場合は胎盤から作り出されるホルモンが、「インスリン」の働きを抑える作用があるため、十分な「インスリン」が作られずに血糖が上昇してしまう場合があるんです。
通常の妊婦さんは足りない分のインスリンはすい臓が補ってくれるのですが、体質によってそれが足りない妊婦さんの場合、血糖値をコントロールすることができなくなり、高血糖・血糖異常となってしまいます。

つまり妊娠糖尿病は妊娠したことによるホルモンバランスの変化が原因です。

そのため「体重管理もきちんとしているし、カロリーも気にしている。全然大丈夫!」と思っている妊婦さんでも、
予想外の形で症状がでる病気の一つといえると思います。


通常の糖尿病とは区別されて考えられていて、以下のような場合が妊娠糖尿病になりやすいとされています。

「肥満」
「高齢妊娠(35歳以上)」
「経産婦(二人目以降の妊娠)」
「妊娠してからの急激な体重増加」
「糖代謝異常と診断されたことがある」
「過去に巨大児(4000g以上)を出産した経験がある」
「家族に糖尿病の人がいる」

注意していただきたいのですが、妊娠糖尿病は自覚症状がほとんどありません

自覚症状が無いのは本当に怖いことです。
のどの渇きおしっこに行く回数が増える倦怠感などが代表的な症状ですが、妊娠中の身体の変化と似ているものが多く判別がしずらいのが難しいところ。

しかもこれら症状は病状が進んだ時に感じるもので、初期ではまったく自覚症状が無い場合がほとんどなんです。


ママの身体は見た目ではわからない変化を続けています。
赤ちゃんだけでなくママの健康管理のためにも、定期健診(妊婦検診)はどんなに忙しくても欠かさず通いましょう

妊娠糖尿病と診断されたらどうなるの?

妊婦検診で毎回行う検査に尿検査があります、ここで糖が(+)になったら注意が必要。
すぐに妊娠糖尿病とはいわれませんが、何回も尿糖がでた場合は妊娠糖尿病の可能性について検査する必要がでてきます。

また妊婦検診の初期と中期で必ず妊娠糖尿病のスクリーニング検査(ふるいわけ検査)があります。

初期のスクリーニングは時間やタイミングのしばりがない血液検査のみ。
中期のスクリーニングでは甘い検査液を飲んでから1時間後に血液を採取して血糖値の異常を見分けます。

他には、妊娠後期になって、お腹の赤ちゃんが短期間で急激に重くなった場合も妊娠糖尿病の疑いありとなり、検査となる場合があるようです。


尿検査やスクリーニング検査で+(陽性)がでた時点で即「妊娠糖尿病」だと確定されることは殆どありません。

妊娠中の女性は、悪阻や味覚の変化の影響で、フルーツだけしか食べらない・・・。
口がさっぱりするスポーツドリンクばかり飲んでいる・・・。などなど食事が偏っていたりする場合も多いです。

食事内容や検査のタイミングによって数値がたまたま高くなる場合もあるので、空腹の状態で再検査を行ってから確定の診断となります。
そう考えると、余計な不安がないように検診の直前に甘いものを食べすぎたりするのは避けたほうがいい気がしてきますね(・・。)ゞ(ずる?)


再検査の主な流れは以下のような場合が多いようです。

1)空腹の状態で採血。(※検査の前夜から食事制限、当日は検査まで水分も制限されます!)
 ↓
2)検査用のブドウ糖液を飲んで、1時間後に採血。
 ↓
3)その1時間後に2度目の採血。
 ↓
4)1時間前後で検査結果がでるので、診察。

朝から病院に入っても、午前中からお昼過ぎまでは時間がかかると思っておきましょうね。

もし、この検査の結果で妊娠糖尿病と診断された場合は内科的な治療が必要になってきます。
個人病院の場合は内科がある総合病院などへ転院する可能性も出てきますので少し心構えが必要です!


次に!
妊娠糖尿病と診断されたら必ず行うことになるのがまずは食事での血糖値のコントロールです。

病院で食事指導をうけながら、まずは日々の食事で糖質をコントロールして、正常な血糖値を保てるようにします。

必要な栄養素は必ず摂り、1日あたり総カロリーは同じでも、おやつや夜食を取り入れて食事を分割して摂取することで高血糖になるのを防いでいきます。
毎日のこつこつした自己管理が肝心となってきます。

妊娠週数にもよりますが、合わせてウォーキングなどの軽い運動も推奨されていますよ。

それでも血糖値が下がらない場合はインスリン注射を行います。
赤ちゃんを育んでいるママの身体には栄養が必須。
いたずらにカロリーを低くしすぎると赤ちゃんの状態を悪くするのでインスリン注射で血糖値をコントロールしていきます。


この妊娠糖尿病が重度になってくると、入院となる場合もあるそうです。

少し食生活を見直したらすぐに数値が正常値に戻った!という妊婦さんの声も多数あります(はぐくみお声ハガキより)。

(※また注射は大変負担ですが、インスリンは胎盤を通ることができないのでインスリン注射が赤ちゃんに対して悪影響となることはないそうです。安心してくださいね。)

赤ちゃんに与える影響は?そしてママには?

妊娠中の必須検査としてスクリーニングがあるほど妊娠糖尿病を気にするのは、高血糖が赤ちゃんに与える影響とママへの負担を考慮してのことなんです。

ずばり!妊娠糖尿病になると難産・早産等への恐れがあります!
その他にも、以下のような恐れが考えられます。

 

巨大児になる

巨大児になると分娩時にママにも赤ちゃんに大きな負担となります。

というのも、大きく育ち過ぎると肩甲難産のリスクが!

肩甲難産とは赤ちゃんの頭がでてきているのに、皮下脂肪がつきすぎて、肩が引っかかりお産が進まず難産になること。
この状態になると赤ちゃんの腕神経麻痺や鎖骨骨折の危険があり、ママは産道裂傷などが起こる場合があります。

   

羊水過多になる場合も

羊水の主成分は赤ちゃんのおしっこ!
糖尿病の症状の一つ多飲・多尿の症状がお腹の赤ちゃんにもおこるため羊水量が増加する場合も。

羊水の多さからお腹が張りやすく、切迫早産や切迫破水の原因となります。
そのため、早産のリスクが高まるのです。

 

帝王切開率が高くなる

妊娠中に糖尿病をわずらっている場合の帝王切開率は通常の妊婦さんに比べて約2~4倍(出典①)高くなります。

巨大になったことによる経腟分娩が困難と予測される場合、また高血糖による合併症で妊娠高血圧症候群などになっていた場合はお産の進み具合で急遽帝王切開となる場合もあります。

赤ちゃんの低血糖・呼吸障害

無事に生まれたあとも、赤ちゃんが低血糖、特発性呼吸促迫症候群、多血症となりやすいので十分な経過観察が必要です。

 

赤ちゃんとママへの影響はやっぱり一身同体ですね。
このように、妊娠糖尿病は赤ちゃんにもママにとってもたくさんのリスクがあります!
健やかな出産にむけて赤ちゃんを守れるのはママだけ、血糖値のコントロールはママががんばってあげましょう。

これからに繋がることがいっぱい!血糖値を上げにくい食生活について

個々の体重や生活レベルを踏まえて栄養指導・食事指導を仰げる機会はなかなかあることではありません。

食材ではなく何気なく使っていた調味料にむしろ糖質が多く含まれていた・・・!
なんて目からウロコな話や、食べ方、食べ合わせなど役に立つ話がたくさんなはずです。
栄養士さんからたくさん知識を吸収しましょう。

糖質制限やカロリー制限は気持ちのストレスに加えて、基本は自炊が中心となるので、忙しいママにはより負担になるかもしれません。


ただ、血糖値をコントロールするための食事療法にはこれからママになる方が知っておいてプラスになることしかありません。

というのも、マタニティ期間はもちろんですが。
赤ちゃんを産んだあとにも、栄養バランスの良い食事、低脂肪、塩分・糖分控えめの食生活であれば、


●良い母乳を作るため
●母乳の出をよくするため
●赤ちゃんの離乳食づくりの基礎知識
●家族にふるまう毎日の食事=家族の健康管理

以上の全てに繋がります。

食事の質を落とさないで、決められたカロリーで必要な栄養を摂取する。
妊娠糖尿病の糖質管理はダイエットとは違いますが、美と健康は一日してならず・・・のお手本のような食事そのものです。

アラフォーとなってつくづく実感するのですが、若いうちから食事の質などにこだわっていた人、そうでもない人、体型の差はなくてもお肌の美しさにはすごく差を感じます。
人の身体は食べたものでしか作られないとはこういうことなのかと・・・!

食生活は毎日の積み重ね、質のよい食生活を知っているか、知らないかは本当に大きなことです。

産後は落ち着く場合がほとんど、マタニティ期間を乗り切ろう

診断を受けて転院となった場合でも、その後の経過や妊娠週数によってはまた元の病院に戻れる場合もあります。
診断を受けたら、しっかりと食事療法に取り組みましょう。

「妊娠糖尿病」自体はお産が終われば治る病気です。
(※ただし、年齢を経て本当の糖尿病になる可能性が高いとも言われています。産後もバランスの良い食生活は意識してみてくださいね。)

妊娠糖尿病と診断されて、ショックを受けないママはいないと思います。
お腹の赤ちゃんのこと、これからのことを思って本当に落ち込んでしまうこともあると思います。

後期になって転院となった場合も凄く気持ちの負担になりますし、(実は前置胎盤の疑いで一度転院になった経験が・・・泣)
食事での糖質管理もとても大変なことではありますが、この機会で得た食の知識は絶対に細く長く活きていきます。

少しでも前向きな気持ちで取り組めればと思います=*^-^*=

[出典]
1)日本糖尿病・妊娠学会HP

http://www.dm-net.co.jp/jsdp/qa/d/q01/