こんにちは!はぐくみプラスの室水です(*^^*)

最近は朝晩がとても涼しい季節になってきましたね!

夏が終わってしまうのは寂しいですが、何と言っても食欲の秋がやってきますね。

秋は美味しい食べ物もたくさんあるので、とってもワクワクしています♪

さて、今回は「妊娠中に葉酸を飲まなきゃいけないのは知っているけど、飲まなかったらどうなるの?」といった、知っているようで知らない疑問について私なりに調べてきました~パチパチパチ

題して、「葉酸不足のリスクとは?飲んでないけど大丈夫?」です!

葉酸を飲まない・葉酸不足のリスクって何?

早速、葉酸を飲まない・葉酸不足のリスクについて1つずつ、見ていきましょう

胎児が先天性奇形になるリスクが上がる(妊娠1ヶ月から3ヶ月まで)

そもそも先天性奇形が何か知っていますか?

先天性奇形とは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときに、体の一部が正常に発育されなかったために、起こってしまう障害のことを言うんです。異常が起こった体の部分によって、呼び方が変わってくるそうで…

みなさんがよく聞くものでは以下の疾患があるのではないでしょうか?

・ダウン症
・二分脊椎症
・小頭症
・無脳症
・口唇裂
・口蓋裂
・小眼症

この中でも二分脊椎症と無脳症など、神経管閉鎖障害の主な原因の1つに葉酸の不足が挙げられます。特に神経管が作られる妊娠1ヶ月から3ヶ月の間に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害に成る確率が上がってしまうんですね…!

流産のリスクを上げる

もちろん葉酸を取らなければ流産してしまう…!ということではありません。

流産の7割は早期流産と言われるもので、先天性奇形は初期流産を引き起こす原因となることも多くあります。

そのため、葉酸が不足すると先天性奇形のリスクは上がり、先天性奇形は流産のリスクを上げてしまうそうで…(´;ω;`)

また、「化学流産」をご存知ですか?化学流産とは受精卵が定着せずに流れてしまうことを言います。葉酸は子宮内膜を強くしてくれる働きがあるため、化学流産のリスクを下げる働きもするそうです。凄いですね…!

ママが貧血になる

妊娠中はママの血液から赤ちゃんに栄養分が運ばれます。

妊娠中期から後期にかけては、赤ちゃんも大きくなるため、たくさんの血液が必要になります。

この時に貧血症状を感じてしまうママがたくさんいるそうです。貧血って気持ち悪いですよね…。特に妊娠中になりやすい巨赤芽球性貧血は、普通の貧血に比べて食欲不振や下痢、吐き気などの症状が出るそうですよΣ(゚Д゚)

そこで、葉酸は体の中の血液量を増やす働きがあるため、妊娠中期から摂ることで貧血を予防してくれるんです!\(^o^)/

産後にママの元気が出ない

出産後にママの体が妊娠前の体に戻るまで、およそ6~8週間ほどかかってしまします。

なんと葉酸はママの体が回復する手助けをしてくれるんですよ。さらに赤ちゃんのご飯であるママの母乳は血液から作られます。

葉酸が不足すると、授乳で赤ちゃんに血液を与える際に、ママは貧血を引き起こしてしまうそうで…また、ママの母乳の質が下がることで赤ちゃんの成長にも、影響してしまうそう…

妊娠中に葉酸が必要だと聞いたことはあっても、その重要さを知っている方ってなかなかいらっしゃらないですよね…。私も調べていてすごく勉強になりました!

いつから飲むべきなの?

「葉酸が大切なのはわかったけど、いつから飲んだらいいの?」と思いますよね?

できれば、ママと赤ちゃんのことを思うと妊活中から授乳期まで飲んでいただきたいのが本音なんです!

「どうして妊活中も飲まなきゃいけないの?」と思われている方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

先程、妊娠1ヶ月から3ヶ月の間は葉酸を飲むことで、先天性のリスクを減らすと言いました。

しかし、妊娠が発覚するまでには少し時間がかかってしまいます。そのため妊娠がわかる頃には、既に神経管が作られ始めているんです…!ガーン

実は厚生労働省も「妊娠を計画している」「妊娠の可能性がある」タイミングで葉酸を摂ることを推奨しているですよ(^^)♪

葉酸を飲むと他にもいいことがたくさん!

知っていますか?妊娠中に良いと思われがちの葉酸ですが、実は妊娠中の方以外でも葉酸を摂るといいことがたくさんあるんですよ?

美肌作りの最高の味方

年齢を重ねるにつれて、新し肌をつくるまでには時間がかかってしまいます。

なんと葉酸にはタンパク質の合成を促して、お肌のターンオーバーを促進する働きがあります!さらに血液を作るのを手伝ってくれるため、血色の良い肌を手に入れることも…

心臓病のリスク軽減

葉酸は、ホモシステインと呼ばれる心臓病や動脈硬化などを引き起こす物質をを減らすことがわかっているそうです。

妊娠中だけでなく、心臓病などのリスクも下げてくれるなんて、本当に葉酸は凄いですね…!

また、葉酸は他にもうつ病の症状を緩和してくれるという報告などもあります。

現代人には不足している栄養素であると言われているので、積極的に摂っていきたいものです\(^o^)/

妊娠中だけじゃない…葉酸の効果って本当に凄いんですね~(・□・;)

葉酸の過剰摂取は大丈夫?

葉酸の過剰摂取を気にされる方もいらっしゃると思います。

葉酸は1日1000μg以上摂ると過剰摂取になると言われており、食欲不振や吐き気などの症状が見られることもあるそうです。何でも適度が一番ということですね…!(^o^)

食事から摂る葉酸と、サプリメントから摂る葉酸を合わせたら1日の上限量である1000μgを超えてしまうのではないかと不安に思われるかもしれません。

しかし、食品に含まれる葉酸は水や熱に弱いため、料理する際にほとんど失われてしまいます…。

まとめ

いかがでしたか?

葉酸が妊娠中どれだけ大切な栄養素か、また妊娠中でなくても、どれだけ私たちの体にとって大切な働きをしてくれるのか、少しでもお伝えできたでしょうか?

ちなみに…(^O^)
はぐくみプラスでも葉酸をご用意しております…!

天然素材にこだわって、オーガニックレモンから抽出した「はぐくみ葉酸」は1日の摂取量である3粒に500μgの葉酸が含まれています。

まだ妊娠してない私ですが、はぐくみ葉酸を私も飲んでみようかな…(o^―^o)

  • マカサプリ
  • 葉酸サプリ
  • オリゴ糖
  • 葉酸サプリ

人気の記事