こんにちは!
はぐくみプラスの山本です。

先日、飛行機に乗っていると、
隣に座っていた2歳のお子さんから
チョコレートをもらいました。

隣に座ってちょっと話しただけなのに、
チョコレートをくれる純朴な優しさ。

人知れず涙した25歳でした。

さて、僕は2歳の子からチョコレートをいただいたわけですが、
妊娠中は特に糖質(甘いものや麺類といった炭水化物)が欲しくなりませんか??

僕の知り合いの妊婦さん(いまは無事にご出産!)も
パートのお仕事中に焼きそばやフライドポテトを
バクバク食べられていました。

横目で見ていて「ホントに美味しそうに食べられるなぁ…」と
ついついこちらの食欲が掻き立てられるぐらいです(笑)

 

では、どうして糖質をとりたくなるのでしょうか?

 

これはお母さんが摂取した糖質がブドウ糖に変わり、
赤ちゃんの栄養として送られます。

赤ちゃんに送られた栄養分だけ、
お母さんの栄養が不足してしまい、
その分をからだが本能的に補おうとするためです。

少し躊躇ってしまうかもしれませんが、
赤ちゃんの成長のためにしっかり食べることは
子育ての1つと言えるかもしれませんね^^

 

とはいえ。

 

糖質を摂り過ぎてしまうのも禁物です。

やはり食べ過ぎてしまうと体重が増え、
お腹の赤ちゃんに悪い影響を及ぼす可能性があります。

不足した栄養分を摂ることは問題ありませんが、
その勢いで取りすぎてしまわないよう注意が必要です。

知り合いの妊婦さんもたくさん食べられていたものの、
赤ちゃんのことを考え、糖質を摂り過ぎることがないように、
『自分ルール』なるものを作っていました。

今回そのルールを3つご紹介しますね♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分ルールその①
『21時以降食べるべからず』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
21時以降に食べたものは消費されずに
脂肪としてからだに残ってしまいます。
なるべく21時までに食事を済ませましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分ルールその②
『食べたものを思い出す』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
糖質を食べたくなる時、
その日はそれまでにどんなものを食べたか考えてみると
意識的に食べ過ぎを抑えることができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分ルールその③
『お鍋を食べる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ただ、どうしても食べたくなるときはやってきます!
そのときお鍋を食べると糖質に偏ることなく、
バランス良く栄養を摂って満腹感を得られることができます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

知り合いの妊婦さん、
ありがとうございました!(笑)

自分ルールは参考になりましたか??

いっぱい食べる君は好きですが、
赤ちゃんのことも考えて、
食べる量を上手くコントロールできるといいですね♪

そんな感じで、今日もはぴサポ。

次回もお楽しみにー!

人気の記事