shutterstock_201181703

子供が呼吸をするたびに「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」というような音がする。もしもこのような症状が起こっている場合はぜんそくの発作が起きている可能性があります。ぜんそくについて知り、もしも子供に発作が起こってしまった際に対応できるようにしておきましょう!

ぜんそくの原因

ぜんそくは気道が常に炎症をおこしているため、呼吸がゼイゼイしたり(喘鳴といいます)呼吸困難がおきる病気です。小児ぜんそくのほとんどがアレルギー反応による炎症が原因で引き起こされるとされています。

原因となるアレルゲンは主に、ハウスダストやイエダニ、ペットの毛、カビ、花粉ですが精神的なストレスや汚れた空気、副流煙、かぜ、特定の商品や天候の変化、激しく運動をしたり、大泣きや大笑いで発作を誘発してしまうこともあるんです。発作を繰り返していると気道が傷んでさらに発作が起きやすくなる悪循環を生んでしまいます。ぜんそくの疑いがある場合は、早めに受診をして発作を起こさないように治療を始めることが大切なんですよ!

ぜんそくの症状

発作は夜から朝にかけて起こることが多く、せき込んだり「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」といった呼吸音がでて、呼吸が早くなります。特に息を吐くときに苦しそうな状態になり、横になって眠ることができないような症状に見舞われる人も。ひどい発作になると、肩で息をするようになり、呼吸を行うたびに胸やのどがへこみます。

うまく呼吸が出来ずに、唇が紫色になるチアノーゼを起こすこともあり、発作がひどくなった場合はすぐにでも病院へ行きましょう。1歳未満の赤ちゃんが、ぜんそく発作のような症状がでた場合はぜんそく様気管支炎であることが多く、気管支ぜんそくはそれほど多いものではありません。

仮にぜんそくであったとしても、赤ちゃん時代の発作は診断が難しく、2歳から3歳の間に診断がつくことがほとんどでしょう。兄弟や両親に、アトピー性皮膚炎の人がいる場合は気管支ぜんそくが疑われますので、少しでも発作の疑いがあれば医療機関で受診を。

ぜんそくの治療について

気管支ぜんそくの治療には、症状の程度に合わせて2種類の薬が使われることが多いです。1つは気管支の炎症を取る薬、1つは気管支の収縮を抑え広げる薬となっています。

発作が出た時だけではなく、発作の予防として服用する薬も処方されます。飲み薬と吸入の薬があるので、処方された際は使用方法について確認を忘れないようにしましょうね。

ぜんそくの予防について

shutterstock_439587181

前述通り、発作を起こせば起こすほどぜんそくはひどくなるため、発作の予防が非常に大切になります。薬のほかにも、室内の環境を整えることや日常生活で気を付けることなども常に気を配っておきましょう。こまめに掃除をしたり、換気を行ったり、布団は定期的に干してダニ対策をしたりなど、ぜんそくを持っている子供が反応する可能性のあるアレルゲンを、出来るだけ排除してあげてくださいね。

またタバコやペットの毛はぜんそくの大敵です!犬や猫、鳥、ハムスターなどの毛の生えているペットを室内で飼うのは避けたいところです。

もちろん、タバコは厳禁です、家族の方はできるだけ禁煙してください。環境だけではなく、生活リズムにも気を使っていく必要があります。バランスの取れた食事や、早寝早起き、体をよく動かして(過度に動くと発作が誘発される可能性もあるので注意)生活リズムを規則正しいものにしていってくださいね。

まとめ

ぜんそくが慢性化すると、今までは反応していなかったような刺激にも反応するようになり発作が起こる回数が増えていくとされています。行動や天候、食生活や使用している薬などを記録する「ぜんそくノート」があると、これまでに比べて発作がどうなっているのか、家族も医師も、そして本人も把握できるようになるのでお勧めです!

ぜんそくは症状が落ち着くまでに平均10年ほどかかりますが、7割の人が成人までに症状がなくなっているんです。早めの治療と、環境づくりなどの家族の協力で出来るだけ早く症状が落ち着くように少しずつ頑張っていきましょうね!

  • カルシウムサプリ
  • DHAサプリ

人気の記事