知って役立つ暮らしや美容の
お役立ち情報をお届けいたします

    美容・ヘルスケア

肌を守るスキンケア 『クレンジング』のお話

クレンジングは大切なスキンケア

「メイクを落とさず眠ることは、顔に雑巾を乗せて眠るようなもの」という話を聞いたことはありませんか?クレンジングにはメイクや汚れ、汗や皮脂を落として肌の土台を整える大切な役割があるのです。

もし、メイクを落とさずに寝てしまうと、肌の上でメイクや皮脂がどんどん酸化していきます。

酸化した汚れは肌にダメージを与えるので、シミやシワ、くすみ、毛穴のつまりなどの肌トラブルを引き起こしていくのです。

クレンジングは一日の肌をリセットする大切な工程。何よりも大切なスキンケアといっても過言ではありません。クレンジングを制するものは美肌を制す。

ぜひ、今のクレンジングを見直してみてくださいね。

クレンジングのポイント

乳化をする

クレンジングをメイクになじませた後、すぐに顔をすすいでいませんか?
クレンジングの質をワンランク上げるポイントがここに隠れています。そのポイントとは乳化。手に少量の水をとって肌の上でくるくるとなじませましょう。クレンジングと水がしっかりと混ざりあうことで汚れ落ちもよくなり、すすぎやすくなります。
すすぎ残しによる肌トラブルが防げるのも嬉しいところ。特にダブル洗顔不要のクレンジングは、すすぎ残しを洗顔で落とせません。簡単ワンステップでもちもち美肌を手に入れましょう。

Tゾーンからクレンジングを乗せる

皮膚の厚いTゾーンから乗せることで、肌への負担が軽減されます。皮膚の薄い目元や唇は特に優しくなじませていくのがオススメです。また小鼻や唇の下の凹みに入り込んだ汚れも忘れないように注意しましょう。

メイクと肌質に合ったクレンジングを選ぶ

クレンジングは形状によって洗浄力と肌への刺激の強さが異なります。
そのため自分のメイクや肌質に合わせたクレンジングを選ぶことが、スキンケアにおいてとても大切なのです。

例えば、オイルクレンジングは洗浄力が高い分、肌への負担も大きくなります。メイクの濃い日にだけ使うなど少し工夫すると良いでしょう。

coconeクレンジングバームでお馴染みのバームタイプはオイルタイプ並の洗浄力を持ちながら、お肌に優しいのが特徴です。理由は美容成分がたっぷり配合されているから。しっかりメイクしたいけど、お肌をいたわりたいという方にオススメです。

あなたはやってない?クレンジングのNGリスト

ゴシゴシ洗う

摩擦は肌の角層を傷つけ、肌荒れを引き起こします。クレンジングは優しく行いましょう。

熱湯や冷水ですすぐ

熱湯は肌を乾燥させ、冷水はクレンジングがなじまずに洗い残しが発生する可能性も。洗う時は35度くらいの水温がオススメです。

適量を守っていない

クレンジングの量は多すぎても少なすぎても、肌に負担をかけてしまいます。メーカー使用量を守ってクレンジングを行いましょう。

まとめ

普段当たり前に行っているクレンジング。実は肌を美しく保つうえで最も大切なスキンケアなんですね。
正しいクレンジングを実践して、トラブルのない肌を目指しましょう!

SHARE

  • facebook
  • twitter

RECOMMENDED

【hugkumi letters】当たり前で大切なことを忘れない自分でい続ける【スタッフ横田】

more

【母の日コラム】頼れるものは頼っていい!笑顔が増えることが一番大切。

more

【母の日コラム】深く悩みすぎずに、いつかはできるようになると思って。

more

【母の日コラム】長い人生のなかで、今のバランスはこれなんだって考えて。

more

【母の日コラム】なにもかも完璧なんて無理だから、細く長く続けるつもりで。

more

【母の日コラム】この経験があってこそ今のわたし。終わりがあるから大丈夫。

more

1 4