知って役立つ暮らしや美容の
お役立ち情報をお届けいたします

    美容・ヘルスケア

日焼け止めを正しく選んで、夏の日差しを乗りきろう

ダメージは蓄積されている

日焼けをしていないから、肌はダメージを受けていないと思っていませんか?実は紫外線には暑さやまぶしさがありません。
そのため実際どのくらい浴びているのか分からないのが紫外線の落とし穴。なんと肌老化の8割は紫外線によるものだといわれています。目には見えませんが、紫外線によるダメージは確実に肌に蓄積されているのです。

2種類の紫外線

知っている方も多いかもしれませんが、紫外線には2種類あります。ひとつめは雲や窓ガラスを通して肌の奥まで到達するUV-A。ハリや弾力を生むコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞を壊すため、シミやシワ、たるみの原因になります。
もうひとつは主に日焼けの原因となるUV-Bです。UV-Bは肌の奥までは到達しませんが、UV-Aよりもエネルギーが強いため、炎症を起こすことも…。
UV-Bは4月から9月にかけて急増する一方で、UV-Aは年間を通して地表に降り注ぎます。特にUV-Aは窓ガラスを通過するため、室内だからといって油断できません。

日焼け止めを正しく選ぶ

普段日焼け止めを選ぶときに、なんとなくで選んでいませんか?
SPFとPAではカットする紫外線が異なります。アウトドアの際は特にSPF30 PA+++以上のものがおすすめですよ。また塗る量が少ないと、効果は下がってしまいます。日焼け止めを塗るときは適量を塗るようにしましょう。

日焼け止めを塗りなおす or パウダーを重ねる

特に夏場は汗や摩擦で日焼け止めが落ちてしまいます。理想は2時間ごとに塗りなおすこと。また日焼け止めを塗りなおすのが難しい場合には、パウダーファンデーションを塗りなおすのもひとつの手です。粉末には紫外線を反射させる効果があるため、UV効果がアップしますよ。

唇や髪もUVケア

紫外線のダメージを受けるのは肌だけではありません。日焼け止めを塗れない髪や唇もUVケアが大切です。UV効果のあるリップや、ヘアスプレーでしっかりと紫外線対策をしましょう。

対策ポイント

外出するときも、しないときも紫外線対策を!

長時間の外出時は、日傘やUVパーカーを使用するのもおすすめです。
また室内にいるからといって紫外線は避けられません。
外出しないときも、紫外線対策はお忘れなく!

SHARE

  • facebook
  • twitter

RECOMMENDED

【hugkumi letters】当たり前で大切なことを忘れない自分でい続ける【スタッフ横田】

more

【母の日コラム】頼れるものは頼っていい!笑顔が増えることが一番大切。

more

【母の日コラム】深く悩みすぎずに、いつかはできるようになると思って。

more

【母の日コラム】長い人生のなかで、今のバランスはこれなんだって考えて。

more

【母の日コラム】なにもかも完璧なんて無理だから、細く長く続けるつもりで。

more

【母の日コラム】この経験があってこそ今のわたし。終わりがあるから大丈夫。

more

1 4